@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンポジウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シンポジウム
symposium
一緒に syn-飲む posisの意のギリシア語 symposionのラテン音訳。現在では饗宴の意味と,なごやかな雰囲気のなかで行われる学問上の討論会もしくは雑誌などで特定の問題に関して数名の者がそれぞれの見解を表明する誌上討論会の意味とがある。両者には密接な関連があり,その典型はプラトンの『饗宴』 Symposiumに求められる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シンポジウム(symposium)
聴衆の前で、特定の問題について何人かが意見を述べ、参会者と質疑応答を行う形式の討論会。語源はギリシャ語シンポシオンから。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

シンポジウム
公開討論会の1つ。特定のテーマについて、異なる見解をもった複数の専門家が1人ずつ講演を行い、最後に、聴衆の質問に答える、という形式。パネルディスカッションと異なり、講演者相互の討論はない。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シンポジウム【symposium】
多数の者が一つの問題をめぐって議論を交わす集団討議法の一種。夕食後などに行われる酒宴を意味するギリシア語symposionに由来する。プラトンが,酒席で行われた〈愛〉をめぐる討論を内容とする著書(《饗宴》)の題名にシュンポシオンの語を用いてから,親しい雰囲気のなかで行われる論議をこう呼ぶようになった。一般に,数人の報告者がそれぞれ異なった角度から見解を述べ,そのあと参加者全員が加わって討論を行う形態をとるが,ときには,中心的な報告者が基調となる見解を述べ,これに複数の討論者が議論を加えたのち,全員の討議に移るなど,バラエティのある方法がとられることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シンポジウム【symposium】
〔「共に飲む」意のギリシャ語から〕
一つの問題について、数人の人が意見を発表し、それについての聴衆の質問に答える形で行われる討論会。公開討論会。シンポ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シンポジウム
しんぽじうむ
symposium
公開討論会の一つの形式。いっしょにsyn-飲むposisの意のギリシア語symposion(饗宴(きょうえん))が語源。講壇討議と一般に訳されている。
 特定のテーマに関して討議を行う際、異なった立場や角度からの分析や論究が深まるよう、学識経験者などの専門家を数名選び、参加者に対して、それぞれが見解を述べ、それらの専門的な知見に基づき、全体討論会(質疑―応答が主)に移行する形式をとる。このような専門家集団による形式は、正しくはシンポジウム・フォーラムforumという。専門家が1名であれば、レクチャー・フォーラムlecture forumといい、さらに専門家集団でなく、参加者と同じ立場の人が壇上で討議する場合には、形式はほとんど変わらないが、パネル・ディスカッションpanel discussionとかパネル・フォーラム(代表討議)とかよばれる。また、シンポジウムということばは、講壇討議に限らず、雑誌などで特定の問題について、数名の専門家がそれぞれの立場から見解を表明する誌上討論会の場合にも用いられる。
 シンポジウム・フォーラムは、通常、議長(司会)1名に4、5名の専門家と参加者からなり、進行は、議長が、討議の趣旨、テーマの説明、登壇者の紹介を要領よく行い、進行方法についても説明する。その後、専門家が順次、予定時間内で見解を述べ、さらに短時間の補足説明の機会を設けることもある。次には、おもにテーマに沿った専門的知識の理解を目的とした、登壇者同士での質疑応答に移行し、その後、参加者との間での討論に進み、最終的に議長がまとめていく。
 テーマが参加者に容易に理解される場合には、パネル・ディスカッションを採用するほうが望ましいが、難解なテーマ、系統的で論理的な説明を要するテーマであるときには、シンポジウム・フォーラムやレクチャー・フォーラムがよく用いられる。[岡東壽隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シンポジウム
〘名〙 (symposium) ある一つの問題について、二人以上の講演者が異なった面から意見を述べ、かつ聴衆や司会者の質問に答える形式の討論会。
※ヤゴの分際(1962)〈藤枝静男〉「再生不良性貧血のシムポジウムに出席した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンポジウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンポジウムの関連情報

関連キーワード

3ウェイハンドシェイクSYNコネクションステルススキャンDoS攻撃ソクーロフオキシムテクネー友達

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation