@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シーボルト事件【シーボルトじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シーボルト事件
シーボルトじけん
オランダ商館付医官 P.シーボルトが文政 11 (1828) 年帰国に際し,当時,国禁であった日本地図 (幕府天文方高橋景保伊能忠敬のつくった日本および蝦夷の地図を写して贈った) などの国外持出しをはかり,シーボルト以下,多くの幕吏鳴滝塾門下生が処罰された事件。文政 11年8月9日の暴風で稲佐のなぎさに座礁した『コルネリス・ハルトマン』号の修理のために降ろした積荷から発覚し,11月 10日商館長メイランを通じて地図そのほか 26点の品を押収,たびたび尋問の末,シーボルトは翌 12年9月 25日長崎奉行より国禁 (国外追放) を受け 12月5日,日本を去った。また高橋景保は同 11年 10月 10日に検挙され,翌 12年2月 16日に獄死したが,死骸塩漬にされ,同 13年3月 26日死刑の判決を受け,その家族,部下,通詞,医師四十数名が遠島以下諸種の処分を受けた。幕府は,これを機会として,より一層洋学者の行動をきびしく監視するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シーボルト‐じけん【シーボルト事件】
文政11年(1828)シーボルトが帰国の際に、国禁の日本地図や葵紋付き衣服などを持ち出そうとして発覚した事件。シーボルトは翌年国外追放、門人ら多数が処罰された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シーボルトじけん【シーボルト事件】
1828年(文政11)に起こった洋学者弾圧事件。オランダ商館付医員シーボルトは,1826年にオランダ商館長の江戸参府に随行し,江戸の洋学者と交流した。幕府天文方高橋景保からは,クルーゼンシュテルンの《世界一周記》等と交換に,伊能忠敬の日本沿海実測図をもとにした地名入りの日本略図,蝦夷地図,間宮林蔵《東韃紀行》を贈られ,幕府眼科奥医師土生玄碩(はぶげんせき)からは,開瞳術伝授と交換に将軍拝領の葵の紋服を贈られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シーボルト事件
しーぼるとじけん
江戸後期、ドイツ人医師シーボルトの国外追放事件。1828年(文政11)9月、オランダ商館付医官シーボルトが任期を終えて帰国しようとした際に、たまたま起こった暴風雨のために乗船が難破し、積み荷が調べられた。そのオランダへ持ち帰る荷物のうちに、伊能忠敬(いのうただたか)作成の日本地図など多くの禁制品のあることが発覚して、事件が起こった。取調べは江戸と長崎で行われて長引き、シーボルトはおよそ1年間出島(でじま)に拘禁され、29年9月25日(陽暦10月22日)「日本御構(おかまえ)」(追放)の判決を受け、同年12月日本より追放された。この事件に連座した日本人は、江戸では書物奉行(ぶぎょう)兼天文方高橋作左衛門景保(かげやす)(入牢(にゅうろう)、吟味中病死)、奥医師土生玄碩(はぶげんせき)(家禄(かろく)・屋敷没収)、長崎屋源右衛門など。長崎では門人の二宮敬作、高良斎(こうりょうさい)、出島絵師川原登与助(とよすけ)(川原慶賀(けいが))はじめ、通詞(つうじ)の馬場為八郎、吉雄(よしお)忠次郎、稲部市五郎、堀儀左衛門、末永甚左衛門、岩瀬弥右衛門(やえもん)、同弥七郎から召使いに至るまで五十数人の多数に上った。[片桐一男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シーボルト‐じけん【シーボルト事件】
文政一一年(一八二八)に起きた蘭学者処罰事件。シーボルト(二)が帰国の際、国禁の日本沿海実測図などの持出しが発覚、シーボルトは国外追放、門人をはじめ関係する蘭学者多数が処罰された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

シーボルト事件
シーボルトじけん
江戸後期,幕府の洋学者弾圧事件の一つ
1828年ドイツ人医師シーボルトの帰国のさい,所持品中に禁制品の日本地図などが発見され,贈主の幕府天文方・書物奉行高橋景保ほか数十名の関係者が処分され,シーボルトは国外追放,再渡航禁止の処罰をうけた。シーボルトが樺太 (からふと) 東岸の資料を求めていた友人の景保に『世界周航記』などを贈り,景保が伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』の縮図を贈っていた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーボルト事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シーボルト事件の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation