@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シーモア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シーモア
Seymour, Sir Edward
[生]1633. デボンシャー
[没]1708
イギリスの政治家。 1661年から下院議員となり,73年下院議長,枢密顧問官。王位継承排除法案に対しては反対し,トーリー党員になったが,カトリック復活,都市自治権剥奪,常備軍設置などのチャールズ2世ジェームズ2世の政策には批判的であった。名誉革命時にはエクセターでオランニェ公ウィレム (のちのウィリアム3世 ) に合流したが,89年彼への王位提供には反対した。しかしウィレムが王位についてからは忠誠を誓い,92~94年大蔵卿。アン女王即位後,1702~04年王宮監査官。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーモア
Seymour, Jane
[生]1509?
[没]1537.10.24.
イングランド王ヘンリー8世の第3のシーモア家のジョンの娘。宮廷に入り,王妃の侍女をつとめたのち,1536年5月ヘンリー8世とひそかに結婚し,翌年待望の男子エドワード (のちのエドワード6世 ) を産んだが,まもなく病没

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーモア
Seymour, Thomas, Baron Seymour of Sudeley
[生]1508頃
[没]1549.3.20. ロンドン
イギリスの貴族。サマセット (公)エドワード・シーモアの弟。ジェーン・シーモアの兄。外交使節を歴任したのち,1547年枢密顧問官海軍卿に任じられ,前王妃カサリン・パーと結婚。翌年カサリンの死後エリザベス (1世) に求婚。兄の摂政政府に陰謀を企てたとして捕えられ,処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーモア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シーモアの関連情報

関連キーワード

フリードリヒ2世ルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパ乗・載溝口重雄小田原藩キリシタン関係主要人名関破

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation