@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジアスターゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジアスターゼ
diastase
デンプン分解酵素が A.ペイアンと J.ペルソによって最初に麦芽から抽出された際 (1833) ,これに与えられた名。酵素の初期の研究史で主要なものの一つであり,また酵素名の語尾にアーゼ-aseをつける慣行は,ここからっている。タカジアスターゼは,コウジカビから得たジアスターゼ製品に,高峰譲吉の名前を組合せた命名。ジアスターゼの主体はアミラーゼであることが明らかとなり,ジアスターゼの名は,現在では歴史的なものとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジアスターゼ(〈ドイツ〉Diastase)
麦芽から得たアミラーゼ酵素製品の最初のもので、消化促進剤として使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ジアスターゼ
 (1) アミラーゼの旧称.(2) 麹カビなどのアミラーゼの粗精製品で,消化剤などとして利用されるもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ジアスターゼ
デンプンを分解する酵素。薬剤では胃薬などに含有。「アミラーゼ」ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジアスターゼ【diastase】
デンプンを分解する酵素に用いられた名称で,1833年に,フランスのパヤンAnselm Payen(1795‐1871)とペルソJean François Persoz(1805‐68)によって麦芽から分離された。主成分はアミロースを分解するアミラーゼである。なおタカヂアスターゼは,1909年に高峰譲吉がコウジカビから創製した酵素剤の商標である。【渡辺 和夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジアスターゼ【Diastase】
麦芽やコウジカビから調製した酵素剤。アミラーゼを主成分とし、ほかにタンパク質・核酸・脂質などの加水分解酵素を含む。発酵工業や消化剤に用いる。
アミラーゼの旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジアスターゼ
じあすたーぜ
diastase
デンプン分解酵素剤で、アミラーゼの日本薬局方名。麦芽から製したもので、α(アルファ)-アミラーゼ、β(ベータ)-アミラーゼを含み、デンプンを分解してマルトースとデキストリンにする。消化酵素剤として繁用されており、消化不良、食欲不振に健胃散や炭酸水素ナトリウム(重曹)などの制酸剤と配合して用いられる。高峰譲吉の創製した「タカジアスターゼ」は米麹(こめこうじ)菌から抽出されたもので、アミラーゼのほかにタンパク分解酵素をも含む。ジアスターゼの製剤には、ジアスターゼ重曹散、複方ジアスターゼ重曹散、複方ロートエキス・ジアスターゼ散などがある。[幸保文治]
『飯沼信子著『高峰譲吉とその妻』(1993・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジアスターゼ
〘名〙 (Diastase) 多糖類を分解する酵素。一八三三年フランスのパヤンとペルソが麦芽から分離することに成功して最初の酵素製品となり、特に、高峰譲吉が米麹菌から創製した製品はタカジアスターゼと呼ばれている。発酵工業や消化剤に広く用いられる。アミラーゼ。ジアスタス。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「何でも大根卸の中にはヂヤスターゼが有るとか云ふ話し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ジアスターゼ
ジアスターゼ
diastase

[同義異語]アミラーゼ

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジアスターゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジアスターゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation