@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェノバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジェノバ
Genova
イタリア北西部,リグリア海に面する港湾都市。英語ではジェノア Genoa,古代名ゲヌア Genua。リグリア州の州都で,ジェノバ県の県都を兼ねる。ジェノバ湾奥,狭い海岸平野と,リグリアアペニン山脈 (→アペニン山脈 ) に続く丘陵を占める。リグリア人が建設。すでに前5世紀には商港として栄え,ローマ時代は北部の中心都市となったが,ローマの衰退とともに衰微した。しかし,10世紀に勢力を盛り返し,11世紀から自由都市としてスペイン,アフリカ沿岸,東方にも進出。強い経済力を誇り,ベネチア地中海貿易の覇を競ったが,15世紀に再び衰退,1796年フランスに占領され,1815年ピエモンテ領となり,のちにイタリア王国に統合された。現在では地中海の中心的港の一つで,イタリア北部工業地帯,ポー川流域の穀倉地帯,アルプスを越えてスイス,オーストリア,ドイツ南部をも後背地にもつ。造船,製鉄,兵器製造,薬品,繊維,石油化学などの工業が立地。工業製品のほかオリーブ油,ワイン,マカロニ,チーズ,果物,米などを輸出し,石炭,石油,鉄などを輸入する。鉄工業も盛ん。旧市街では狭い街路や階段が特色ある景観をつくり,交通機関としてケーブルカーやエレベータも利用される。中世ロマネスク様式のサン・ロレンツォ大聖堂など歴史的建造物も多い。 16~17世紀ジェノバでは貴族たちの邸宅群パラッツィ・デイ・ロッリ (ロッリの館) が建設されるに伴い,ストラーデ・ヌオーベ (新しい道) が整備された。これらは 2006年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 60万7906(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジェノバ(Genova)
イタリア北西部、ジェノバ湾に臨む港湾・工業都市。地中海最古の港の一つで、中世から東方貿易の中継地として繁栄コロンブスの生地。赤の宮殿などが立ち並ぶ街区は、2006年に「ジェノバ:レ‐ストラーデ‐ヌオーベとパラッツィ‐デイ‐ロッリ制度」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区61万(2008)。ジェノア。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジェノバ【Genova】
北イタリア,リグリア州の都市。人口65万9754(1994)。英語ではジェノアGenoa。イタリア最大の貿易港で,ジェノバ湾の奥,リグリア・アペニノの前山が海に迫り,狭い平地を囲んでいる所に成立した。西にポルチェベーラ,東にビザーニョと二つの川が海に注いでいる。19世紀まで都市域はこの平地とその周辺に限定されていたが,その後の発展により,海岸沿いに東西に延びるとともに背後の丘陵地に拡大した。1926年の町村合併によって現在の都市面積は234.8km2,海岸線は33.5kmに及ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジェノバ【Genova】
イタリア北西部、地中海に臨む港湾都市。造船・鉄鋼・精油などの工業も発達。中世には東方貿易で繁栄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジェノバ
じぇのば
Genova
イタリア北西部、リグリア州の州都。人口60万3560(2001国勢調査速報値)。英語名ジェノアGenoa。リグリア・アペニン山脈が背後に迫るジェノバ湾の奥に位置する港湾・工業都市。1926年に19のコムーネ(市町村)が併合し、現在の大ジェノバが形成された。市の面積は238平方キロメートルで、海岸線に沿って西のボルトリから東のネルビまで33キロメートルにわたって広がり、内陸部はポルチェベラ川に沿って北のポンテデチモまで延びている。ジェノバ港は、リグリアのみならずロンバルディア州およびピエモンテ州というイタリア最大の工業地帯を後背地に有し、取り扱う貨物量の多さにおいては同国第1位(1998)の規模を誇っている。またフランスのマルセイユとともに地中海でも最大級の港となっている。同港の重要輸入品である石油は、ジェノバとその周辺で利用されるだけではなく、2本のパイプラインによって、コルテマッジョーレ(ピアチェンツァ県)に、あるいはミラノ近郊のローを経て遠くドイツにまで運ばれている。工業活動としては、製鉄(イタルシデル社)、造船(アンサルド社)、石油化学、化学、食品などの部門が盛ん。地域的にいえば、サンピエルダレーナからボルトリにかけての海岸地帯とポルチェベラ川の渓谷が、ジェノバの工業地帯となっている。他方、地域経済に占める農業の比重はごくわずかにすぎない。
 コロンブスの生地として知られ、彼の家や洗礼を受けたサント・ステーファノ教会がある。ポルチェベラ川の河口付近にある空港は、彼にちなんでクリストフォロ・コロンボ空港と名づけられている。市内には由緒ある建築物が多数あり、とりわけガリバルディ通りとバルビ通りには16~17世紀の宮殿が多く残っている。なかでもガリバルディ通りにあるポデスタ宮殿、現在美術館となっている白の宮殿と赤の宮殿、また、バルビ通りのウニベルシタ宮殿、かつての王宮バルビ・ドゥラッツォ宮殿などは有名である。そのほかにもサン・ロレンツォ大聖堂(12~14世紀)、著名なサン・ジョルジョ銀行の本部が置かれたサン・ジョルジョ宮殿(1260ころ)、国立美術館となっているスピノラ宮殿(16世紀)、サンタ・マリア・ディ・カリニャーノ教会(16世紀)などがある。温和な気候と美しい海岸線で知られる国際的観光地帯リビエラの中心地でもある。[堺 憲一]

歴史

2世紀にローマの前線拠点として建設されたのち、ローマからマルセイユに至るアウレリア街道上の重要地点として発展した。6世紀にビザンティン帝国領、7世紀にランゴバルド王国領になった。地勢上の条件によって後背地に恵まれず、早くから海上活動に進出したが、10世紀にはイスラム海上勢力の攻撃を受け、大きな損害を被った。この時代、ジェノバはオベルテンギ公領となり、その臣下によって統治された。その家柄からスピノラ家のような有力な都市貴族が生まれた。
 10世紀末からイスラム勢力に対する反攻が始まり、11世紀にはピサと連携してサルデーニャやバレンシアへの攻撃が行われ、西地中海一円へ勢力を拡大した。さらに十字軍活動に参加したことにより、レバントへも進出した。また11世紀末~12世紀初頭にはコムーネ(自治都市)が形成され、事実上の共和国となった。西地中海ではピサと争って勝利を収め、東地中海では東方貿易の覇権をめぐってベネチアと激しく争い、13、14世紀にはキオス島、レスボス島、黒海沿岸などに植民地を設けた。取扱い商品は香料、皮革、オリーブ油、ぶどう酒、穀物、あるいは奴隷など多種にわたった。とくに15世紀にはキオス島を基地とし、小アジアの明礬(みょうばん)(媒染剤に用いる)をヨーロッパ最大の毛織物の生産地であるフランドルへ大量に輸送した。
 しかし15世紀後半にオスマン帝国が進出すると、黒海やエーゲ海の植民地を次々に失った。ジェノバ商人は蓄積した莫大(ばくだい)な富をスペインやポルトガルに投資し、「新大陸」や大西洋岸の貿易に大きな役割を果たした。政治的にはミラノ、フランス、スペインの間で独立を維持することに努力し、17世紀にはサボイア家の介入を排除しなければならなかった。オーストリア継承戦争(1740~48)の際にはオーストリア軍に攻囲され、1768年には最後の植民地コルシカをフランスに譲渡しなければならなかった。1815年にサボイア家の支配下に入り、サルデーニャ王国の港として発達した。1861年にイタリア王国が成立すると、イタリア最大の貿易港に発展。商工業のミラノ、トリノとともにイタリアにおける産業革命の中心としての役割を果たした。[清水廣一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジェノバ
(Genova) イタリア北西部、リグリア海に面する港湾・工業都市。前二世紀ごろローマの軍事基地として建設され、地中海貿易の中心地として発達。特に中世末期には東方貿易の中継地として栄えた。リビエラ海岸の東部にあたり、観光地としても有名。コロンブスの生地。ジェノア。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェノバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェノバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation