@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェボンズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジェボンズ
Jevons, William Stanley
[生]1835.9.1. リバプール
[没]1882.8.13. ヘースティングス近郊
イギリスの経済学者,論理学者。レオン・ワルラス,カール・メンガーとほとんど同時に限界効用理論を展開した(→限界効用学派)。ロンドンのユニバーシティ・カレッジに学んだが,経済的困窮により 18歳のときオーストラリアへ渡り貨幣検査官となる。1859年に帰国,再入学。卒業後 1866年オーウェンズ・カレッジの教授に就任し,1876年から母校の教授を務めた。1880年に教授の職を辞し,1882年水泳中死亡した。ジョン・スチュアート・ミルの経済学が主流であったイギリスにあって,みずからの経済学を「快楽と苦痛の微分学」と称し,経済学に功利主義的な人間観と数学という分析用具を取り入れようとした。ジェボンズの交換方程式は交換現象を個別の主体間の交渉均衡としてとらえる面があり(→一物一価の法則),フランシス・Y.エッジワースやクヌート・ウィクセルに影響を与えた。主著経済学の理論』The Theory of Political Economy(1871)のほか,当時イギリスの動力源であった石炭の早晩の枯渇を予言してベストセラーとなった『石炭問題』The Coal Question(1865)をはじめ,貨幣論,景気循環論の領域でも優れた経験的・理論的研究を残しており,論理学や科学的方法論上の業績も重要。1972年以降 7巻からなる論文・書簡集"Papers and Correspondence of William Stanley Jevons"が公刊された。(→価値学説限界革命

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジェボンズ(William Stanley Jevons)
[1835~1882]英国の経済学者。近代経済学の創設者の一人。古典学派を批判し、メンガーワルラスと並んで限界効用理論を確立した。景気循環に関する太陽黒点説でも有名。「経済学の理論」「石炭問題」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジェボンズ【William Stanley Jevons】
1835‐82
イギリスの経済学者,論理学者。青年時代にオーストラリアに渡り,造幣局の試金官の職を得て,その時期に鉱山学天文学など自然科学素養を深める。A.スミスの《国富論》などを通じて,経済学も学ぶ。帰国後の処女作《石炭問題》(1865)で当時の大蔵大臣グラッドストンらの注目を浴び,経済学者としての地位を確立した。彼はこの本のなかで,石油を部分的な例外とすれば,石炭に代わるエネルギー源のないことを迂回生産論を駆使して論証し,現代の石油代替エネルギー批判につながる貢献をなした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジェボンズ【William Stanley Jevons】
1835~1882 イギリスの経済学者。メンガー・ワルラスと並ぶ限界効用理論の確立者の一人。景気変動に関する太陽黒点説を唱えたことで知られる。著「経済学の理論」「石炭問題」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジェボンズ
じぇぼんず
William Stanley Jevons
(1835―1882)
イギリスの経済学者、論理学者。ロンドンのユニバーシティ・カレッジで地質学や植物学を学んだが、家庭の経済的困窮のため、学業なかば、18歳でオーストラリアの造幣局に赴任した。1859年に帰国、復学して、経済学、論理学、数学などを学び、66年マンチェスターのオーウェン・カレッジ教授となる。76年から母校の教授を務めたが、80年教授職を辞し、82年夏遊泳中死去した。
 ジェボンズは、C・メンガー、L・ワルラスとともに、わが国での通称「近代経済学」の体系的出発を画する限界革命を担ったトリオの一人であり、その主著『経済学の理論』Theory of Political Economy(1871)では、生産費説にたつ古典派経済学を鋭く批判し、経済学を快楽・苦痛の微積分学として革命化しようとした。そのほか、当時イギリスの動力源だった石炭の早晩の枯渇を予言してベストセラーになった『石炭問題』Coal Question(1865)をはじめ、貨幣論、景気循環論(太陽黒点説でも有名)の優れた理論的・経験的研究や、論理学、科学方法論面での重要な業績など、多くの著書がある。なお1972年からR・D・C・ブラックの編集により、多数の新資料を含む『ジェボンズ文書・書簡集』Papers and Correspondence of William Stanley Jevons全7巻(1972~81)が公刊された。[早坂 忠]
『小泉信三他訳『経済学の理論』(1944・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジェボンズ
(William Stanley Jevons ウィリアム=スタンリー━) イギリスの経済学者。近代経済学の創始者の一人。主著「経済学理論」で古典派の方法を批判、限界効用理論を説いた。(一八三五‐八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェボンズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェボンズの関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソンビーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation