@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェミニ計画【ジェミニけいかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジェミニ計画
ジェミニけいかく
Project Gemini
1人乗り衛星船のマーキュリー計画に続いて 1965~66年に行われたアメリカの2人乗りの衛星船打上げ計画。ジェミニは北天の星座「ふたご座」のこと。アポロ計画の予備実験と乗員訓練を主たる目的とした。衛星船は釣鐘形で,高さ 3.35m,直径 2.28m,重さ 3.2t。衛星船内には地上の3分の1の気圧の酸素が詰められ,宇宙飛行士はそれを呼吸するようになっていた。打上げに使われたロケットは空軍が開発した2段式のタイタン II型。 64年に打上げたジェミニ1号は無人テスト,2号は失敗。初めて人間が乗ったのは 65年3月の3号。乗員は V.I.グリソム少佐と J.W.ヤング少佐。彼らは地球を3周して無事帰還した。同年6月の4号では,E.H.ホワイト少佐が 20分間の宇宙遊泳に成功。 12月には W.M.シラー大佐らの6号が F.ボーマン少佐らの7号と,史上初めて 30cmの距離までランデブーに成功した。 66年3月の8号が標的のアジェナと初のドッキングに成功。続いて同年6月に9号が軌道に乗り,E.A.サーナン少佐が2時間5分という長期船外活動を行なった。同年7月の 10号は標的とのドッキングや宇宙遊泳に成功。同年9月の 11号では,アジェナとのドッキング後,宇宙メリーゴーラウンドで人工重力をつくり出した。 66年 11月の最後のジェミニ 12号は,ドッキングや2時間9分の宇宙遊泳など複雑な宇宙技術を確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジェミニ‐けいかく〔‐ケイクワク〕【ジェミニ計画】
Gemini 双子座の》米国が行った有人宇宙飛行計画の一。1964~66年二人乗り宇宙船による地球周回飛行を行い、月飛行に必要なランデブーやドッキング、船外活動、宇宙科学実験、宇宙食や宇宙服の試験などをした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジェミニけいかく【ジェミニ計画 Gemini project】
アメリカNASA(ナサ)の有人宇宙飛行計画。アメリカ最初の有人宇宙飛行計画であったマーキュリー計画アポロ計画との中間に位置していたため地味ではあったが,アポロ計画の準備的なものとして重要な役割を果たした。ジェミニ計画では,(1)2人の乗組員が2週間以上飛行する,(2)他の衛星とランデブー,ドッキングを行い,その方法を確立する,(3)ドッキングしたのち相手の宇宙船で移動する,(4)船外で人間が活動する,(5)帰還地点を制御する技術を確立する,(6)アポロ計画の訓練を行う,(7)科学技術の実験を行うなどが具体的な目的であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジェミニ計画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェミニ計画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation