@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェンダー・ニュートラル【じぇんだーにゅーとらる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジェンダー・ニュートラル
じぇんだーにゅーとらる
gender neutral

男女の性差のいずれにも偏らない考え方。もしくは、伝統的な性別による役割認識にとらわれない思考、行動、制度などを支持する考え方。英語の性別を意味するジェンダーgenderと、中立を意味するニュートラルneutralを組み合わせた表現である。

 このような性差に関する考え方は、世界中で古くからあるもので、日本においても1970年代から社会的な性差にとらわれない社会を目ざすジェンダーフリー運動が継続的に行われている。また、国連は1997年からジェンダー平等の取組みを推進しており、男性と女性を区別し、それぞれの扱い方を変えることは間違っていると訴え、世界的に広く浸透させた。さらに、国連は、女性と男性の権利や責任、地位を得る機会は、性差によって影響されるべきものではなく、人はだれも個人として扱われるべきとして、これをジェンダー主流化gender mainstreamingとよんでいる。

 こうした活動により、パスポートの性別の欄では「不確定indeterminate」、「第3の性third gender」の表記を認める国が増えたほか、性別を限定せずだれでも使えるトイレ(オールジェンダー・レストルーム)の登場、モード界では性差を超えたファッションが注目を集めるなど、さまざまな変化を社会にもたらしている。

[編集部 2016年8月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェンダー・ニュートラル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェンダー・ニュートラルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation