@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェントリ【じぇんとり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジェントリ
じぇんとり
gentry

イギリスの「ジェントルマン」階層の総称。原義は「生まれのよい人」に由来し、広く貴族をも含めて用いられたが、一般には貴族とヨーマンの中間に位置する身分集団をさす。中世後期に騎士(ナイト)が軍役免除金を支払うことによって軍役奉仕の義務から解放され、地方に土着した中小の地主になったのがジェントリの主体をなす。騎士とともに彼らは大領主たる貴族に対抗しながら王権に接近し、治安判事として地方行政を無給で担当し、また州を代表して下院に選出されるなど、地方社会における名望家として独特の役割を果たすようになった。ジェントリもその内部は、バロネット(准男爵)、ナイト、エスクワイア、ジェントルマンと細分化され、前二者は古い家柄を示す紋章をもち、「サー」の尊称でよばれた。16世紀の宗教改革における修道院解散後の1世紀間が、貴族とヨーマンの衰退をよそに「ジェントリの勃興(ぼっこう)」の時期であったとするトーニーR. H. Tawneyの学説は、第二次世界大戦後のイギリス史学界において「ジェントリ論争」を引き起こした。問題となった彼らの上昇原因はともかくとして、この時期にイギリスの支配社会層の交代がみられ、ジェントリが近代イギリスの担い手として実権を握ったことは疑いえない。時代が下るにつれてジェントリには地主以外に、国教会聖職者、官職保有者、法廷弁護士、内科医などの専門職も含まれるようになり、さらに商工業の分野で富を蓄えたものが土地を購入してジェントリと認められるようになったものもきわめて多くなり、しだいに本来の身分階層的概念は薄れて、ジェントルマンは礼儀正しき教養人の意味に拡大されるに至った。

[今井 宏]

『トーニー著、浜林正夫訳『ジェントリの勃興』(1957・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジェントリ
gentry
イギリスで,貴族の位階はないが,紋章を許されたもの。歴史的概念としては,ヨーマン(独立自営農民)以上,貴族以下の土地所有者。「郷紳 (きようしん) 」と訳される
借地農・法曹家・聖職者・開業医などの専門家,富裕商人などを中心として,ひろく中産階級上層部を含む社会層をいう。この意味でのジェントリは,16世紀を境に,中産農民であるヨーマンの分解と,他方では貴族層の没落とを契機としてその社会的地位を確立した。彼らは,中小所領で近代的農業資本主義経営を行って第1次囲い込みの推進主体となり,また,毛織物工業に投資して産業資本家となるものもあった。しかし,このような近代的経営者としての反面,領主的諸特権のなごりを保持して政治的保守性を示すものもあったので,その点で彼らは半近代的・半封建的な二面性を内包する歴史的階層とされ,市民革命期から産業革命までのイギリス議会で指導的な役割を果たした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェントリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェントリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation