@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジェームズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジェームズ
James, Charles
[生]1880.4.27. ノーサンプトンシャー,アールスバートン
[没]1928.12.10. ボストン
イギリス生れのアメリカの化学者。ロンドン大学のユニバーシティ・カレッジ卒業 (1904) 。アメリカに渡ってニューハンプシャー大学教授。希土類元素に関する広範な研究を行い,純度の高い希土の製造固定を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
James, George Wharton
[生]1858.9.27. リンカーンシャーゲインズバラ
[没]1923.11.8. カリフォルニア,パサディナ
イギリス生れのアメリカ西部地域の探検家,紹介者。 1881年アメリカに移り,89年までカリフォルニアネバダでメソジスト派牧師。アメリカ南西部の地理インディアンの生活についての調査報告および著述が多く,彼らと親しくつきあったことでも有名。主著『グランド・キャニヨン周辺』 In and Around the Grand Canyon (1900) ,『南西部の先史時代の断崖住居』 Prehistoric Cliff Dwellings of the Southwest (18) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
James, Henry
[生]1843.4.15. ニューヨーク
[没]1916.2.28. ロンドン
アメリカの小説家。哲学者を父として,名門の富裕な家に生れ,兄ウィリアムとともに幼い頃から何度かヨーロッパに旅行した。ハーバード大学に学び,1875年からヨーロッパに永住,長編『ロデリック・ハドソン』 Roderick Hudson (1875) ,『アメリカ人』 The American (77) ,中編『デイジー・ミラー』 Daisy Miller (79) で文名を確立,以後『ある婦人の肖像』 The Portrait of a Lady (81) ,『鳩の翼』 The Wings of the Dove (1902) ,『使者たち』 The Ambassadors (03) ,『黄金の鉢』 The Golden Bowl (04) など,欧米間の文化,人間性の相違を扱った「国際小説」を発表したほか,旅行記,書簡評論などを残した。視点人物の設定,内面描写など技法上でも新生面を開き,ジョイス,プルーストらの先駆者として 20世紀最大の作家の一人に数えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
James, Jesse Woodson
[生]1847.9.5. ミズーリ,センタービル付近
[没]1882.4.3. ミズーリ,セントジョーゼフ
アメリカ西部における最も名な無法者の一人。ジェシー・ジェームズとして知られる。南北戦争当時 15歳で南軍ゲリラ隊に加わり活躍したが,戦後無法者の宣告を受け,1867年に「ジェームズ団」を組織して銀行襲撃,列車強盗を働き,仲間の裏切りにより殺された。弱者や牧師,南部は襲わず,義賊として伝説化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
James, Marquis
[生]1891.8.29. メリーランドスプリングフィールド
[没]1955.11. ニューヨーク,ライ
アメリカのジャーナリスト,作家。 1917~19年軍務に服し第1次世界大戦下のフランスに渡る。 23~32年『アメリカ在郷軍人会月報』 American Legion Monthlyの編集スタッフとなり,アメリカの歴史,伝記を多数著わした。 37年『アンドルー・ジャクソン伝』 Andrew Jacksonでピュリッツァー賞を得た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
James, William
[生]1842.1.11. ニューヨーク
[没]1910.8.26. ニューハンプシャー,チョコルア
アメリカの哲学者,心理学者,いわゆるプラグマティズムの指導者。小説家 H.ジェームズ。 1861年ハーバード大学理学部へ入学,のち同大学の医学部へ移籍。 67~68年ドイツに留学し,フランスの哲学者 C.ルヌービエなどの影響を受け,心理学,哲学に心をひかれた。 69年卒業,学位を得たが開業せず,療養と読書に過した。 72年ハーバード大学生理学講師。のち心理学に転じ,伝統的な思考の学としてではなく生理心理学を講じ,実験心理学に大きな貢献をした。また,ドイツの心理学者 C.シュトゥンプを高く評価。さらに宗教,倫理現象の研究に進み,その後哲学の研究に入った。その立場は根本的経験論に基づく。そのほか,82年頃から心霊学に興味をもち,アメリカ心霊研究協会の初代会長をつとめた。主著『心理学原理』 The Principles of Psychology (1890) ,『信ずる意志』 The Will to Believe and Other Essays in Popular Philosophy (97) ,『宗教的経験の諸相』 The Varieties of Religious Experience (1901~2) ,『プラグマティズム』 Pragmatism (07) ,『根本経験論』 Essays in Radical Empiricism (12) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジェームズ【James】[英国王]
国王
(1世)[1566~1625]在位1603~1625。スコットランド王としては6世。在位1567~1625。スチュアート王朝の祖。王権神授説をとり、絶対王政を敷き、しばしば議会対立。また、新教徒を弾圧、聖書英訳を命じて欽定訳聖書(ジェームズ王聖書)を作った。
(2世)[1633~1701]在位1685~1688。チャールズ2世ピューリタン革命亡命王政復古で帰国し、海軍卿として活躍。1688年、名誉革命でフランスに亡命。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ【James】[米国の哲学者・小説家]
(William ~)[1842~1910]米国の哲学者・心理学者。の兄。プラグマティズムの創始者の一人。ドイツ観念論に反対し、哲学の実用的価値を提唱。著「心理学原理」「プラグマティズム」「宗教的経験の諸相」など。
(Henry ~)[1843~1916]米国の小説家。英国に帰化。の弟。心理主義文学の先駆者。作「ある婦人肖像」「ねじの回転」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ(Jesse Woodson James)
[1847~1882]米国開拓時代の無法者。南北戦争では南軍のゲリラに参加。戦後、兄フランクと強盗団を組織、銀行や列車を襲ったが、手下に殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジェームズ【Jesse Woodson James】
1847‐82
アメリカ西部の無法者。ジェシー・ジェームズと呼びならわされる。ミズーリ州に牧師で農民の子として生まれた。南北戦争に際し,兄のフランクとともに南軍に志願,残虐なことで知られるW.C.カントリル指揮下のゲリラ隊に入り,ミズーリ,カンザス地方を暴れまわった。戦後,そのゲリラ仲間10人ほどが集まって銀行強盗を始めると,ジェシーはいつしか首領となり,1873年には列車強盗も始め,神出鬼ぶりで追跡隊を悩ませた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジェームズ【Henry James】
1843‐1916
アメリカ人として生まれ,イギリスに帰化した小説家。ニューヨークで生まれたが,幼少のころから一家はヨーロッパ滞在を繰り返し,型にはまった教育を嫌う宗教哲学者の父の方針もあって,正規の学校教育は受けなかった。18歳のとき近所の火事の消火作業中に傷を受け,南北戦争に参加できなかった。19歳でハーバード大学に入学したが1年で退学し,バルザックホーソーンの影響下に創作を始めた。1864年に短編書評が雑誌に載り,以後短編,書評のほかに旅行記,演劇評なども執筆,しだいに新人作家として認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジェームズ【William James】
1842‐1910
アメリカの心理学者,哲学者。アメリカにおける実験心理学の創始者のひとり,哲学においてはプラグマティズムを広い思想運動に発展させ,現代哲学の主流の一つにした指導的学者として知られる。父親のヘンリー・ジェームズHenry J.(1811‐82)は宗教・社会問題の著述家,父親と同名の弟は著名な小説家。ニューヨーク市に生まれ,幼時期(1843‐45),少年時代(1855‐60)をヨーロッパ各地で過ごし,1860年に画家を志望してアメリカの宗教画家W.M.ハントに師事したが,まもなく才能がないことを知って断念翌年には,ハーバード大学のロレンス科学学校に入学し,はじめは化学を専攻,後に解剖学と生理学を学び,さらに医学に進んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジェームズ【James】
(一世)1566~1625 イギリス(イングランド)国王(在位1603~1625)。スコットランド王(在位1567~1625)としては六世。スチュアート朝の祖。王権神授説を主張し、国教主義の強化などで議会と激しく対立した。
(二世)1633~1701 イギリス国王(在位1685~1688)。カトリックの復活と絶対主義の再興をはかって議会と対立。名誉革命で王位を追われた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ【James】
Henry J. 1843~1916 アメリカ生まれのイギリスの小説家。の弟。英米心理主義小説の先駆者。代表作「ある婦人の肖像」「ねじの回転」
Jesse Woodson J. 1847~1882 アメリカ開拓時代の無法者。南北戦争で南軍のゲリラに参加。戦後も兄弟らと組み銀行や列車を襲ったが、手下に殺された。ジェシー=ジェームズ。
William J. 1842~1910 アメリカの哲学者・心理学者。の兄。純粋経験から出発する根本的経験論を唱え、その立場から心理現象や意識の流れを分析し、一切の価値・真理の基準を具体的行為の成功・効果に求める。パースとともにアメリカプラグマティズムの代表者。著「心理学原理」「プラグマティズム」「宗教的経験の諸相」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ジェームズ
生年月日:1880年4月27日
アメリカの化学者
1928年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジェームズ
(James)
[一] (一世) イギリス国王(在位一六〇三‐二五)。スコットランド王としてはジェームズ六世(在位一五六七‐一六二五)。メアリー=スチュアートの子。エリザベス一世の死後王位につき、スチュアート朝をはじめた。王権神授説を奉じ、議会と対立した。(一五六六‐一六二五
[二] (二世) イギリス国王(在位一六八五‐八八)。チャールズ二世の弟。兄のあとをつぐ。カトリック教の復活、常備軍設置をめぐり議会と対立。一六八八年名誉革命で王位を追われ、フランスに亡命した。(一六三三‐一七〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ
[一] (William James ウィリアム━) アメリカの哲学者、心理学者。(二)の兄。機能的心理学の提唱者の一人で、アメリカの社会的現実に即した思想を展開した。主著「心理学原理」「宗教的経験の諸相」「プラグマティズム」「根本的経験論」。(一八四二‐一九一〇
[二] (Henry James ヘンリー━) アメリカの小説家。のち、イギリスに帰化。人間の行為を内面的な動機によって分析し、写実的技法で描いた。代表作「ロデリック‐ハドソン」「ある婦人の肖像」「ねじの廻転」など。(一八四三‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジェームズの関連情報

関連キーワード

紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation