@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジカルボン酸【ジカルボンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジカルボン酸
ジカルボンさん
dicarboxylic acid
分子内に2つのカルボキシル基をもつ化合物総称シュウ酸コハク酸酒石酸グルタミン酸天然に存在するジカルボン酸である。工業的にはアジピン酸 (ナイロンの合成原料) ,グルタミン酸 (調味料) ,フタル酸などが重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ジカルボン酸
 カルボキシル基を分子内に二つもつ有機酸リンゴ酸フマル酸,コハク酸など.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じかるぼんさん【ジカルボン酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ジカルボン‐さん【ジカルボン酸】
〘名〙 (dicarboxylic acid の訳語) 分子内にカルボキシル基二個をもつ有機化合物。蓚酸・マロン酸・琥珀酸などの脂肪族飽和ジカルボン酸、マレイン酸・フマル酸などの脂肪族不飽和ジカルボン酸、フタル酸・イソフタル酸などの芳香族ジカルボン酸に分類される。一般に無色無臭の結晶。水溶液は酸性を示す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ジカルボン酸
ジカルボンサン
dicarboxylic acid

分子内にカルボキシル基を2個有する有機化合物.一般にモノカルボン酸と同じ化学的挙動を示し,合成もそれらに準じた方法が用いられている.天然には,シュウ酸のほか,クエン酸サイクルの代謝産物(マレイン酸コハク酸フマル酸),C4 植物の炭酸固定回路の代謝中間体(マレイン酸,アスパラギン酸)などに多い.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジカルボン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジカルボン酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation