@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジグ
jig
イギリスの民俗舞踊アイルランドで興った滑稽踊りがエリザベス朝期に宮廷舞踊に取入れられて 16世紀に流行した。 17世紀の中頃にはヨーロッパ大陸でも踊られるようになり,フランスのジグやイタリアのジガといった組舞や輪舞など独自の舞踊を生んだ。普通8分の6拍子か8分の 12拍子で演じられる。 17世紀末には歌と踊りの寄席芸通称として一般化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジグ
gigue
(1) 中世において擦弦楽器に対して用いられた名。イタリア語の giga,ドイツ語の Geige (バイオリン) はそこから出たと考えられる。 (2) イギリスのジグ jigに起源をもつといわれる3拍子あるいは複合3拍子の活気ある宮廷舞踊曲,または器楽用舞曲。 1650~1750年頃アルマンド,クラント,サラバンドと並んで組曲における重要な楽章の一つであり,一般に,その最後におかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジグ
jig
加工を容易にし,量産化と精密化をはかるときに用いる補助工具で,加工部品と工具が整合するようにつくられる。たとえば部品に多数の穴あけをする場合,穴の関係位置が正確な型をつくり,部品に合せてから型の穴部を案内としてドリルで加工すれば個々に穴あけするよりも高い能率と精度が得られる。用途ごとに種々のジグが製作され,おもなものには穴ぐりジグ,リーマ通しジグ,溶接ジグ,組立てジグなどがある。なお,「治具」という用語も使われるが学術的用語ではない。 (→取付け具 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジグ【jig】
物を加工する場合,加工される工作物と使用する工具との相対位置が正しく保たれていなければ,加工に使用する工作機械がどんなに正確であっても正確な製品を作り出すことはできない。例えば,加工中に生ずる切削力や切削熱のために工具や工作物が変形したり移動すれば,正しい製品はできない。このような不つごうを防止するために用いられる道具をジグという。日本では治具の字をあてたこともあり,また,生産現場では昔から〈やとい〉と呼ぶことが多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジグ【gigue】
一七、八世紀にヨーロッパで流行した三拍子系の舞曲。イギリス起源。古典組曲の終曲となることが多い。ジーグ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジグ(〈フランス〉gigue)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation