@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジスルフィド結合

栄養・生化学辞典

ジスルフィド結合
 S-S結合ともいう.硫黄が-S-S-のように結合した構造をもつ化合物シスチン酸化型のグルタチオンはその例で,タンパク質もシスチンのこの結合で特有の立体構造を作る.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じするふぃどけつごう【ジスルフィド結合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジスルフィド結合
じするふぃどけつごう
disulfide bond
2個のメルカプト(SH)基間で酸化的に形成される硫黄(いおう)原子間の結合(-CH2-S-S-CH2-)で、S‐S結合ともいう。生化学領域では、一般にペプチドやタンパク質分子中のシスチン残基にみられるものをさす。シスチンによって1本のペプチド鎖の2か所、または2本のペプチド鎖が橋渡しされて結び付くのは、この結合による。S‐S結合はγ(ガンマ)-グロブリンでは25個、血清アルブミンには17個あるが、ヘモグロビンやミオグロビンにはない。種々の還元剤または過ギ酸や酸化剤によってS‐S結合は切断され、1個のシスチンは2個のシステインまたはシステイン酸になる。[景山 眞・入江伸吉]
『日本生化学会編『新・生化学実験講座 タンパク質2 一次構造』(1990・東京化学同人) ▽R・H・ペイン編、崎山文夫監訳、河田康志ほか訳『タンパク質のホールディング』(2002・シュプリンガー・フェアラーク東京)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ジスルフィド結合
ジスルフィドケツゴウ
disulfide bond

S-S結合.SH基を有するアミノ酸であるシステインどうしの結合で,ペプチドやタンパク質の立体構造の安定化に寄与する.自然酸化でもS-S結合はできるが,スピードが遅いので,生体ではタンパク質ジスルフィドイソメラーゼ(protein disulfide isomerase)が手助けをしている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジスルフィド結合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジスルフィド結合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation