@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジビニルベンゼン【じびにるべんぜん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジビニルベンゼン
じびにるべんぜん
divinylbenzene
芳香族炭化水素に属し、o(オルト)-、m(メタ)-、p(パラ)-ジビニルベンゼンの3種の異性体がある。
 化学式C6H4(CH=CH2)2、分子量は130.19。実験室では相当するフタルアルデヒドからグリニャール反応と脱水反応を応用して合成する。工業的にはジエチルベンゼンの脱水素反応により製造する。生成物はラジカル重合、または陽イオン重合をおこしやすいので、カテコールなどの重合禁止剤を添加して貯蔵、運搬しなければならない。ジビニルベンゼンの単独重合体はもろく、不溶、不融で利用価値は少ないが、高分子の添加架橋剤として重要である。ポリスチレン、ポリエチレンの変性、スチレン・ブタジエンゴムの添加剤として用いられる。スチレンとの共重合体はイオン交換樹脂の素材となる。[向井利夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ジビニルベンゼン
ジビニルベンゼン
divinylbenzene

C10H10(130.19).略称DVB.o-,m-,p-ジビニルベンゼンの3種類の異性体がある.水に不溶,有機溶媒に可溶.o-ジビニルベンゼンは沸点52 ℃(400 Pa).m-ジビニルベンゼンは融点-67 ℃,沸点199.5 ℃.p-ジビニルベンゼンは融点30~31 ℃,沸点210.5 ℃.おもな用途は,高分子の架橋剤(橋かけ剤)であり,一般には異性体混合物が用いられる.スチレンのような単量体とまぜてラジカル共重合させると三次元網目構造となる.スチレン-ジビニルベンゼン共重合体にイオン交換基を導入することにより,イオン交換樹脂がつくられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジビニルベンゼン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジビニルベンゼンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation