@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャカルタ

デジタル大辞泉

ジャカルタ(Jakarta/Djakarta)
インドネシア共和国の首都。ジャワ島北西岸に位置する。オランダ領時代にはバタビアと称した。同国の政治・商業・文化の中心地。人口、行政区882万(2005)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャカルタ【Jakarta】
インドネシア共和国の首都。ジャワ島北西部海岸,チリウン河口に位置する。オランダ植民地時代の旧名はバタビアBatavia。首都特別州を形成し,面積590km2,人口916万(1996)。市街は,チリウン川に沿い,南北十数kmにわたって細長く延びている。標高は低く,市の中央部で8mほどである。年平均気温27℃,年較差約1℃で,平均気温は年間を通してほとんど変わらない。平均年降水量は1755mmで,その2/3は12~4月の雨季に集中し,湿度も高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジャカルタ【Djakarta】
インドネシア共和国の首都。ジャワ島の北西岸に位置する港湾都市。砂糖・コーヒー・ゴムの積み出しが多い。オランダ領時代にはバタビアとよばれ、東洋貿易の拠点。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャカルタ
じゃかるた
Jakarta
インドネシアの首都。ジャワ島北西岸のチリウン川河口に位置する。オランダ植民地時代の旧名はバタビア。行政的にはジャカルタ首都圏に含まれる。人口約1022万6200(2001推計)。市街はチリウン川に沿い南北十数キロメートルにわたり細長く延びる。標高は一般に低く、中心部にある気象台でも8メートル。年平均気温は26.9℃、年較差は1.2℃にすぎない。また年降水量は1755ミリメートルで、その55%は12~3月の雨期に集中している。こうした点でジャカルタは風土的に不健康地といわれてきた。
 市街は17世紀初めからオランダの植民地統治の中心とされたため、その影響を強く受けている。当時の市街地は最北部のコタ地区で、海岸近くにはバタビア城の遺跡も残り、運河に沿ってオランダ風の古い石造りの建物が並ぶ。東インド会社の史料を蔵する古文書館、ジャカルタ博物館(旧バタビア博物館)もこの地区にある。その南は19世紀の初めから造成された市街地で、ムルデカ(独立)広場を中心とし、いまもインドネシアの政治、文化の中核をなしている。大統領官邸、各種官庁、外国公館をはじめ、広場の西には東南アジア屈指の学術施設である中央博物館がある。広場の北側にはショッピングセンターのパサール・バル、南側は近代的住宅地が広がり、学校や病院も多い。さらに南方のクバヨラン地区は高級住宅地として発展しつつある。工場は第二次世界大戦前から多少建設されていたが、戦後はかなり増加し、その種類も増えた。しかしなおその大部分は軽工業で、規模もあまり大きくない。
 植民都市として発展し、また海港として外部との接触も多かったため、ジャカルタの住民は多くの外来居住者により構成される。ジャカルタ首都圏の出身者は全体の半数ほどで、ほかはジャワ島各地の諸民族、インドネシア諸群島各地の出身者で占められる。さらに外国人としては中国人、アラブ人、インド人、欧米人、日本人が含まれる。第二次世界大戦中の人口は約85万程度であったが、戦後の増加が急激なため都市としての社会施設がこれに追い付けず、多数の失業者ないし潜在的失業者を抱えている。このため市内各地に、なお多くの不法占拠者やスラム地区が生まれ、政府は1970年から無制限なジャカルタへの人口流入を抑制する方針を打ち出したが、その解決は容易でない。かつての市民の足であったベチャ(輪タク)は都心から追放されてバスや小型自動三輪車にかわったが、美しい近代的都市の外観と内実的に貧困な市民層の対照はまだ極端なものがある。表通りはネオンがきらめいても、裏通り(市民の大部分はその生活者である)では依然として照明は灯油に頼っている。水道も市民の50%しか利用できない。このアンバランスをいかに克服するかが今後のジャカルタの都市発展の鍵(かぎ)であろう。なお市の北東8キロメートルに全国の貨物輸出入量の60%を占めるタンジュンプリオク港、北西にスカルノ・ハッタ国際空港がある。[別技篤彦]

歴史

16世紀初めころから、パジャジャラン国の貿易港スンダ・カラパとして知られ、胡椒(こしょう)の取引が盛んであったが、1527年、フアタヒラー(後のスナン・グヌン・ジャティ、バンテン王国の始祖)に占領され、ジャヤカルタ(勝利の町、詰まってジャカルタ)と改称された。日本では訛(なま)ってジャガタラといった。16世紀末、オランダ人が来航して商館を建て、1619年オランダ東インド総督クーンは、東洋経略の根拠地としてバタビアと改めた(1621公認)。その後オランダ人勢力の発展に伴い、市街は繁栄していったが、第二次世界大戦中の1942年、日本軍政が行われたとき以後、ジャカルタの旧名に復した。[中村孝志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジャカルタ
(Jakarta) インドネシア共和国の首都。ジャワ島北西岸、チウリン川河口にある。一六世紀以前にはスンダカラパと呼ばれていたが、一五二七年ジャヤカルタ(通称ジャカトラ)と改称。さらに一六一九年にオランダがインドネシアを支配するとともにバタビアと改称された。一九四二年現在名となる。インドネシア最大の貿易港。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジャカルタ
Jacarta
インドネシア共和国の首都
16世紀初めごろから貿易港スンダ−カラパとして知られ,1527年ごろバンテン王国が占領してジャカルタと改め,これをなまってヨーロッパ人や日本人がジャガタラと呼んだ。1611年オランダが商館を建設し,東アジア経営の根拠地とした。ついで東インド会社がバタヴィア改名。第二次世界大戦中の1942年,日本による軍政が行われて以降,ジャカルタの旧名に復した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャカルタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャカルタの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation