@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャコテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャコテ
Jaccottet, Philippe
[生]1925
フランスの詩人。象徴派とリルケの影響下に詩作を始め,内面の声の一瞬の結晶としての単一性を重んじ,沈黙を基調とした背景のうえに浮び出る淡いイメージを定着する。詩集』L'Effraie et autres poésies (1954) ,『無明の者』L'Ignorant (58) ,『小品』 Airs (67) ,『冬の光に』 À la lumière d'hiver (77) ,詩の時評『ミューズたちの語らい』L'Entretien des Muses (68) ,散文作品『夢の要素』 Éléments d'un songe (61) のほか,リルケ論もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコテ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャコテの関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation