@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャコブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャコブ
Jacob, François
[生]1920.6.17. ナンシー
[没]2013.4.19. パリ
フランスの遺伝学者。パリ大学の医学部,次いで理学部に学び,1947年医学博士号を,1954年理学博士号を取得した。1950年よりパスツール研究所遺伝学研究に従事。細菌(→細菌類)のデオキシリボ核酸 DNAが環状構造をとっていることを発見。1958年より,ジャック・モノとともに,細菌における酵素生産の調節機構に関して研究を開始。その成果をもとに 1961年オペロン説提唱。彼らは,酵素に対する個々の遺伝子(構造遺伝子)のほかに,それらの構造遺伝子の働きを調節する別の種類の遺伝子(調節遺伝子)が存在すると仮定し,1個の調節遺伝子と,それによって調節を受ける数個の構造遺伝子とを一組として,これをオペロンと呼んだ。この仮説は,代謝調節や細菌の適応現象を説明するのに役立ち,のちには仮説の正しいことを示唆する事実が得られ,分子遺伝学の知見を代謝発生の研究に役立てる道を開いたことに価値が認められている。1963年には,レプリコン説を立て,遺伝子の複製機構を解明するための作業仮説として注目を集めた。1965年,細菌における酵素生産の調節機構を解明した功績によりモノ,アンドレ・M.ルウォフとともにノーベル生理学・医学賞を授与された。1965年からコレージュ・ド・フランス教授を務め,1977年にフランスの科学アカデミー会員に選ばれた。書に『生命の論理』La Logique du vivant: une histoire de l'hérédité(1970)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコブ
Jacob, Max
[生]1876.7.12. カンペール
[没]1944.3.5. セーヌサンドニ,ドランシー
フランスの詩人,画家。ユダヤ系の生れ。 1894年に故郷ブルターニュからパリに出,モンマルトルでピカソアポリネールらと交友,キュビスムシュルレアリスムの運動に参加,詩,小説,評論,戯曲を数多く残す。 1909年「回心」を経験,キリスト教信仰に入り,21年以降大半は隠棲して宗教的瞑想の生活をおくったが,第2次世界大戦でナチスに捕えられ,強制収容所で死んだ。その著作は,ユダヤ,ブルターニュ (ケルト) ,カトリックの要素の複雑な混合物ともいうべきもので,無意識の世界の超自然的性質に注目し,大胆なイメージを用いて深い宗教性と抒情性,神秘と滑稽の入り交った,特異な詩的世界をつくりだしている。特に散文詩集『骰子筒 (さいづつ) 』 Le Cornet à dés (1917) は,シュルレアリストをはじめ現代詩人に大きな影響を与えた。主著『聖マトレル』 Saint Matorelシリーズ (09~21) ,『中央実験室』 Le Laboratoire central (21) ,『バラード』 Ballades (38) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコブ
ンカイ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジャコブ(François Jacob)
[1920~2013]フランスの分子遺伝学者。モノーとともに、たんぱく質生成の遺伝的制御解析し、オペロン説を提唱した。1965年ノーベル生理学医学賞受賞。著「生命の論理」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ジャコブ
フランスの作曲家。パリでイーヴ・ナットにピアノを、ケクランに和声を、ジェダルジュに作曲を師事した。20代前半にカトリックに改宗し、聖職位を授かった。ベネディクト会見習い修道士としてグレゴリオ聖歌の研 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ジャコブ【Bibliophile Jacob】
1806‐84
フランスの小説家。本名ラクロアPaul Lacroix。ロマン主義時代の中世趣味に乗じ,W.スコットをまねて《二人の道化》(1830)等,中世を舞台とする通俗歴史小説を書きまくる。一方,自らBibliophile(愛書家)と称する博識な好事家で,その立場からフランスの中世,ルネサンス時代を扱った歴史書や,宝石細工史,売笑史等を著し,また,ビヨン,ラブレー,ロンサールらの作品を編纂,出版した。【大浜

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジャコブ【François Jacob】
1920‐
フランスの微生物学者,分子生物学者。医学を志したが,第2次大戦で負傷し,生物学に転じてパスツール研究所のルウォフA.Lwoffのもとで大腸菌接合や溶原性を研究。ついでガラクトシダーゼ代謝酵素の合成の遺伝機構を解析。J.モノの生化学的研究とあわせてオペロン説を提出(1961)。このモデルは,分子生物学の初期の発展で中心的な役割を果たした。さらにオペロン説をもとにDNA複製の調節機構に関するレプリコン説も提出した(1963)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジャコブ【Georges Jacob】
1739‐1814
18世紀末から19世紀初めに活躍したフランスの家具師。ブルゴーニュ農家に生まれ,16歳でパリに出てロココ様式の著名な家具師ドラノアLouis Delanois(1731‐92)に入門。1765年親方指物師maître‐menuisierの資格を取得し,ロココ様式の家具を製作したが,まもなくルイ16世様式(ルイ王朝様式)をとり入れ,1780年代初期にはパリの指導的な家具師となった。直線構成と古典的な装飾意匠によるルイ16世様式の椅子は,ジャコブのデザインの特色であり,フランスで椅子の用材に初めてマホガニーを導入したのも彼の功績である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジャコブ【Max Jacob】
1876‐1944
フランスの詩人。ブルターニュ生れのユダヤ人で,パリのモンマルトル界隈で放浪芸術家的生活を送っていたが,1909年に自室でキリストを幻視して以来カトリックに改宗し,後にはサン・ブノア・シュル・ロアールの僧院に隠棲した。〈聖者マトレル〉を主題とする一連の詩作品,散文詩集《骰子筒(さいづつ)》(1917)など,語とイメージの偶然の出会いから意想外のユーモアを生みだす作品によってシュルレアリスムの先駆者の一人に数えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ジャコブ
(Max Jacob マックス━) ユダヤ系のフランスの詩人、小説家。風刺詩の革新者といわれ、独特の作風を持つ。画家、美術評論家として、アポリネール、ピカソらとともにキュービズムの誕生にも尽くす。代表作は「骰子筒」。(一八七六‐一九四四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャコブの関連情報

関連キーワード

大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation