@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャッキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャッキ
jack
重量物を押上げる装置。ねじラック油圧などを用いて力を増大する方式がとられる。 (1) ねじジャッキ ハンドルの回転運動を傘歯車その他を介して上下の直線運動に変えて押上げる。軽量,可搬式なので用途が広い。自動車用ねじジャッキはその一例。負荷容量2~50t,最大揚程 75cm程度。 (2) ラックジャッキ レバーと爪で受金つきのラックを押上げる形式と,ハンドルと歯車でラックを動かす形式 (箱ジャッキともいう) がある。前者では比較的大きな力を要するが,昇降速度が速く,負荷容量3~15t,最大揚程 50cm程度。後者は持運びに便利で,負荷容量 25t程度のものもある。 (3) 油圧ジャッキ 油圧でラムを押上げる。人力プランジャポンプを操作する一体形式のものと,ポンプを別置きとする分離ポンプ形式がある。後者は多数のジャッキを同時に遠隔操作できる。負荷容量 0.5~300t,最大揚程 45cm程度。自動車用から土木・建築用まで広く用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジャッキ(jack)
小さい力で重い物を垂直に持ち上げる機械装置。ねじ・歯車・油圧などを利用するもので、主に人力によって動かす。自動車修理や家屋の移転のときなどに使用する。扛重機(こうじゅうき)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャッキ【jack】
重い物を押し上げるための道具。建設工事や車両類の修理作業などに広く用いられ,押上げ力は数tから数百t~数百t,押上げ高さは数十cmのものが多い。おねじを回してめねじまたはおねじ自身を上下させるねじジャッキ,つめの作用でラックを上下させるラックジャッキ,小径のプランジャーの往復動により発生させた油圧をシリンダーに供給してラムを上下させる油圧ジャッキなどがある。人力でラチェットレバーを往復揺動させることにより作動させるものが多いが,大能力の油圧ジャッキでは油圧発生源として電動や内燃機関駆動の油圧ポンプを利用する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジャッキ【jack】
人力で操作し、重量物を持ち上げる器具。ねじ・歯車・水圧・油圧などを利用する。押し上げ万力。扛重機こうじゆうき

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャッキ
じゃっき
jack
重いものを垂直上方に持ち上げる機械装置。歯車、ねじ、油圧などを利用し、主として人力によって動かす。使用目的によっていろいろな形のものがある。
(1)ねじジャッキ ジャッキの本体に雌(め)ねじを切り、これに雄(お)ねじを切ったねじ棒を差し込み、これを回転し、ねじ棒の上下運動により重量物を上げ下げする。また、ジャッキ本体に雌ねじを切ったラム(プランジャー状の円筒)を入れ、これにねじ棒をかみ合わせ、傘(かさ)歯車を使ってこのねじ棒を回転しラムを上下させるものがある。揚程(ようてい)は10~30センチメートル程度で、20トンくらいのものまで持ち上げられる。
(2)ラックジャッキ いくつかの歯車を組み合わせ、最後の歯車にラック(棒に歯を刻んだもの)がかみ合っているものをいう。歯車を回転しラックを上下させて重量物を持ち上げる。機械の組立て、据え付けなどに用いられる。揚程30センチメートル程度、20トンくらいまでのものを持ち上げることができる。
(3)油圧ジャッキ ポンプにより圧力油をシリンダー内に送り込みラムを上下させるもので、比較的重いものを動かすのに用いられる。揚程は小さい。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジャッキ
〘名〙 (jack)
① ⸨ジャック⸩小さい力で重い物を垂直に持ち上げる器具。ねじ、歯車、水圧、油圧などを利用する。自動車のタイヤ交換、家屋の移転の際などに用いる。〔外来語辞典(1914)〕
※永遠なる序章(1948)〈椎名麟三〉四「それへジャッキや梃子や梯子などを積んだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャッキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャッキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation