@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャックリーの乱【ジャックリーのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャックリーの乱
ジャックリーのらん
Jacquerie
1358年5月フランス北東部に起こった農民反乱。当時の貴族の間に農夫をジャックと蔑称する習慣があったことから,この名がついたという。黒死病百年戦争戦火で疲弊していた農村に,ポアティエの戦いに敗れて流亡した傭兵隊が略奪行為を働いたことが直接のきっかけとなった。まずボーベー地方に反領主の農民暴動が生じ,ピカルディなどの北フランス諸地方に急速に拡大した。指導者ギョーム・カールは都市住民との提携をはかったが,エティエンヌ・マルセル指揮下のパリを唯一の例外として,コンピエーニュサンリスアミアンなどいずれも農民への支持を拒んだ。その結果,ナバール (ナバラ) 王シャルル (邪悪王)軍隊によって流血のうちに鎮圧された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャックリーのらん【ジャックリーの乱 La Jacquerie】
1358年,北フランスのイル・ド・フランス地方に発生した農民一揆。ジャックjacquesとは貴族が農民を指した言葉で,中世農民が短く貧しい胴衣jaquesを着ていたことに由来する。百年戦争前期の決戦であるポアティエの戦(1356)のころから,当地方には戦闘を交えるフランスとイギリスの騎士たちに加えて大野盗団が横行し略奪行為をおこなった。しかも経済不況で穀物価格は低迷し,穀作地帯である北フランス農村に深刻な打撃をあたえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジャックリーのらん【ジャックリーの乱】
1358年、百年戦争による荒廃や重税を契機として、北フランスに起きた農民反乱。ジャックリーは農民の蔑称に由来。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャックリーの乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャックリーの乱の関連情報

関連キーワード

足利尊氏足利尊氏足利義詮エチエンヌ・マルセルの乱ジャクリーの乱絶海中津政治資金政党助成紀伊半島大水害と十津川村赤松義則

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation