@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャック【じゃっく】

デジタル大辞泉

ジャック(jack)
トランプの絵札の一。廷臣または兵士を表すもの。
電気を接続するための差し込み口。「ヘッドホンジャック
ジャッキ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ジャック
日本の特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』(1971~72)に登場する巨大変身ヒーロー、ウルトラマンジャックの略称。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャック
第2次世界大戦末期の日本軍の戦闘機雷電」の連合軍によるコードネーム

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャック【jack】
電気通信装置において回路の接続に用いる差込式接続部品のうち,差し込まれるほうをジャック,差し込むほうをプラグplugという。プラグを差し込むことにより,ジャック内部の板ばねに接触させて回路を閉じる。ふつう,ばねには洋銀,スリーブ受口(穴の壁面)には黄銅が用いられる。プラグの挿入によって電気接点を動かすものや,さらに単純な構造のものもある。【谷井 琢也】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジャック【jack】
トランプの絵札の一。兵士の姿を描いたもの。
電気器具のさしこみ口。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャック
じゃっく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジャック
〘名〙 (jack)
トランプ絵札の一つ。一〇の上位で、クイーンの下位の札。若者の絵が描かれており、キングとクイーンに対し、廷臣または兵士などを表わすとされる。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉三「骨牌を握むや否、覘も定めず発矢と投付けると、〈略〉ジャック奴は天井に飛上り」
電気器具さしこみ。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
③ ⇒ジャッキ
④ (本来はイギリスの最も普遍的な男性の名前ジョンの愛称から) 若者。転じて、英国の水兵

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャックの関連情報

他サービスで検索

「ジャック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation