@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャネ
Janet, Paul
[生]1823.4.30. パリ
[没]1899.10.4. パリ
フランスの哲学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) で V.クーザン師事し,1848年その秘書。 56年ストラスブール大学,64~98年パリ大学教授。 64年学士院会員。内省に基づく唯心論の立場で心理学的形而上学を展開。科学の成果をも取入れようとした。政治論では自然法の立場から国家権力を制限した。主著"Histoire de la science politique dans ses rapports avec la morale" (1872) ,"Principes de métaphysique et de psychologie" (97) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャネ
Janet, Pierre (-Marie-Félix)
[生]1859.5.30. パリ
[没]1947.2.24. パリ
フランスの心理学者,精神病理学者。 J.シャルコー門下となり,サルペトリエール病院の心理学実験室主任をつとめたのち,パリ大学講師,1902~36年には,コレージュ・ド・フランスの教授。ヒステリー患者の観察に基づき,人格の崩壊に関する独自の階層的緊張説を主張した。その体系は行為の心理学ともいわれ,精神療法に科学的な心理学的基礎を与えた先駆者の一人。主著『心理的自動症』L'Automatisme psychologique (1889) ,『ヒステリーの心的状態』L'État mental des hystériques (1911) ,『苦悩より恍惚へ』 De l'angoisse à l'extase (2巻,27~28) ,『知能の発生』 Les Débuts de l'intelligence (35) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジャネ(Pierre Janet)
[1859~1947]フランスの心理学者・精神医学者。ノイローゼヒステリーに関する独自の理論を展開し、ユングらに影響を与えた。著作に「ヒステリーの精神状態」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャネ【Pierre Janet】
1859‐1947
フランスの心理学者,精神医学者。哲学者ポール・ジャネのおい。サルペトリエール病院でJ.M.シャルコーに師事し,ヒステリーなどの臨床研究に従事した。正常な総合的精神活動と,過去の精神活動の反復にすぎない心理自動症を区別することによって精神病理学を確立,ついで心理自動症をその病的形態にもとづいて,ヒステリーと精神衰弱症に二大別した。さらに精神諸機能を階層的に8段階に分類し,おのおのの段階に心理学的諸機能を位置づけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャネ
じゃね
Pierre Janet
(1859―1947)

フランスの代表的な異常心理学者。パリに生まれ、高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)で学ぶ。サルペトリエール病院の心理実験室長、ソルボンヌ大学(パリ大学)教授、コレージュ・ド・フランスの教授などの要職につく。ヒステリーの二重人格に関する研究は有名で、フロイトの精神分析と類似したところもある。基本的には人格(精神)を統合と分化の過程と考え、統合的な力が弱まると解離が生じ、神経症や精神病の症状をおこすと考える。トラウマによって解離がおこるという考え方は、精神医学に大きな影響を与えた。おもな著書に『強迫現象と精神衰弱』(1903)、『ヒステリーの精神状態』(1907、1911)、『人格の心理的発達』(1929)などがある。

[外林大作・川幡政道]

『関計夫訳『人格の心理的発達』(1955・慶応通信)』『ピエール・ジャネ著、松本雅彦訳『心理学的医学』(1981・みすず書房)』『ピエール・ジャネ著、松本雅彦訳『解離の病歴』(2011・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ジャネ
生年月日:1823年4月30日
フランスの哲学者
1899年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジャネ
[一] (Pierre Janet ピエール━) フランスの心理学者、精神医学者。精神衰弱、ヒステリーの概念を精神医学の中心に据え、フロイトなどに影響を与えた。主著「ヒステリーの精神状態」。(一八五九‐一九四七
[二] (Paul Janet ポール━) フランスの唯心論哲学者。政治哲学、道徳哲学の歴史を研究。ソルボンヌ大学教授。主著「政治哲学史」。(一八二三‐九九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャネの関連情報

関連キーワード

国際労働条約牛車霊帝[後漢]エレウテリウス献帝国際労働機関司法警察諸子百家支婁迦讖捜査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation