@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャヤデーバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャヤデーバ
Jayadeva
インドのサンスクリット詩人。 12世紀後半頃在世。ベンガルのラクシュマナセーナ王の宮廷詩人クリシュナ神とその愛人ラーダーを崇拝する陶酔的な詩篇ギータゴービンダ』を著わした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャヤデーバ【Jayadeva】
12世紀のインドのサンスクリット抒情詩人。ベンガルのキンドゥビルバ(現,ケンドゥリー)に生まれ,セーナ朝のラクシュマナセーナ王(12世紀)の宮廷詩人としてその〈五宝〉(5人のすぐれた詩人)の一人に数えられ,自ら詩形の美しさを誇った。熱烈なビシュヌ神の崇拝者で,代表作たるサンスクリットの抒情詩《ギータゴービンダ》のほかに,ヒンディー語短詩がシク教聖典《バクトマーラBhaktmāla》に収められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャヤデーバ
じゃやでーば
Jayadeva

生没年不詳。12世紀ごろ活躍したインドの叙情詩人。ベンガルの生まれ。ラクシュマナセーナ王の宮廷詩人として、その五宝とよばれた詩人の一人。熱烈なビシュヌ神の崇拝者で、12章からなるサンスクリットの叙情詩『ギータゴービンタ』(牛飼いの歌)を残した。この詩は、ビシュヌ神の権化クリシュナが牛飼いとして育てられ、牛飼い女ラーダーと恋をする話を主題としているが、官能的な恋愛叙情詩の背後に、神と人間との関係を説いているといわれる。ビシュヌ派文学の先駆をなし、各種の韻律を用いるなど修辞的技巧を駆使している。

[田中於莵弥]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャヤデーバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャヤデーバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation