@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャヤ山【ジャヤさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャヤ山
ジャヤさん
Puncak Jaya
インドネシアパプア州マオケ山脈西部のスディルマン山脈にある高峰標高 4884m。インドネシアおよびニューギニア島を含む南西太平洋地域の最高峰で,また島にある山としても世界最高峰である。氷壁が切り立ち,万年雪がある。1962年オーストリアのハインリヒ・ハラーが初登頂。カルステンツ山と呼ばれていたが,インドネシア独立後スカルノ峰と呼ばれ,スハルト政権になってから現在名に改称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジャヤ‐さん【ジャヤ山】
Puncak Jaya》インドネシア、ニューギニア島東西に走るマオケ山脈主峰。旧称カルステンツピラミッド(カルステンツ山)、またはスカルノ山オセアニアの最高峰で、標高4884メートル。赤道付近に位置するが、氷河や万年雪がみられる。ジャヤ峰プンチャックジャヤ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャヤ山
じゃやさん
Gunung Djaja

インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)を東西に走るマオケ山脈西部のスディルマン山脈の主峰。標高5030メートル。ニューギニア島の最高峰で、山頂部は万年雪に覆われている。オランダ統治時代はカルステンツCarstensz山、独立後はスカルノSukarno山とよばれ、1969年に現称となった。ジャヤとはインドネシア語で「勝利」を意味する。地質的には古生代、中生代の地層からなる。北斜面からはイリアン湾に注ぐワレナイ川、南斜面からはアラフラ海に注ぐオタクワ川、マウィタ川が源を発する。斜面は北側がなだらかであるのに対して、南側は比較的急峻(きゅうしゅん)である。1936年オランダ隊のA・H・コレインが初登頂し、64年日本の京都大学隊も登頂に成功した。

[上野福男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャヤ山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャヤ山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation