@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジャラーイル朝【ジャラーイルちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャラーイル朝
ジャラーイルちょう
Jalāyirids; Jalāyiriyān (Āl-i Jalāyir)
イラクおよびアゼルバイジャンを支配したモンゴル系王朝 (1336~1432) 。イルハンアブー・サイード (不賽因)に仕えたジャラーイル族のハサン・ブズルグ (在位 1336~56) が,イル・ハン国の崩壊に際してバグダード権力を確立。ウワイス (在位 56~74) のとき,アゼルバイジャンを併合し,タブリーズ本拠を移す。アフマド (在位 82~1410) のとき,チムール (帖木児)の侵入により一時領土を失い,やがて回復したが,以後黒羊朝台頭に抗しえず,1412年バグダードを奪われて急速に衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャラーイルちょう【ジャラーイル朝 Jalāyir】
イル・ハーン国崩壊後,モンゴル系ジャラーイル部族の武将ハサン・ブズルグḤasan Buzurgがバグダードに建てた王朝。1336‐1411年。ハサン・ブズルグは1336年北西イランのタブリーズを占領し,チンギスハーン子孫君主に頂いたが,同様の傀儡(かいらい)君主を立てたチューパーンChūpān朝にここを追われた。ハサン・ブズルグは40年バグダードに新政権を樹立し,チンギス・ハーン家の君主を廃して自らがスルタンの位に就いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジャラーイル朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャラーイル朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation