@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジヤール朝【ジヤールちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジヤール朝
ジヤールちょう
Ziyārids; Ziyāriyān (Āl-i Ziyār)
イラン北部のタバリスタンとジュルジャーンを支配した地方王朝 (930~1090頃) 。ギーラーンの土着王族出身のマルダービージュ (在位 930~935) がタバリスタンに自立して創始。一時イスファハン,ハマダーン方面にまで支配を拡大。その後サーマン朝の進出とブワイフ朝台頭に押されながら,かろうじてタバリスタンとジュルジャーンを保持。カーブース (在位 977~1012) の治世の後半ようやく安定を回復し,ジュルジャーンの宮廷ではビールーニーらの著名な学者,文人の活躍がみられた。カーブースののち,ガズニー朝,次いでセルジューク朝臣従して勢力を減じ,アサッシン派がタバリスタンで活動を開始する 1090年頃史上から消えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジヤールちょう【ジヤール朝 Ziyār】
カスピ海南岸地方を中心に,イラン北部を支配したイラン系王朝。927‐1090年ころ。ダイラム西部のギーラーン地方の族長マルダーウィージュ・ブン・ジヤールMardāwīj b.Ziyār(在位927‐935)が,仕えていたサーマーン朝の総督を倒し,その領地レイ,カズビーン,ザンジャーン,コムを奪って独立した。彼の時代が最盛期で,イスファハーンやハマダーンをも勢力下に置いた。しかし935年に,彼が配下のトルコ人奴隷によって暗殺されて以降は急速に衰退し,サーマーン朝,ガズナ朝の宗主権下に,カスピ海南岸部で辛うじて命脈を保つだけになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ジヤール朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジヤール朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation