@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジュチ

デジタル大辞泉

ジュチ(Jūchī)
[1172~1224ころ]キプチャク‐ハン国始祖チンギス=ハン長子。南ロシア征討中に病死。第2子バトゥハン国を創始。朮赤。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジュチ【Jöchi】
1184‐1227
チンギス・ハーンの長子。中国史料では朮赤,拙赤。生没年については諸説があり,1172年生れともいわれる。父を助けて国家建設にたずさわり,イルティシ川流域に所領を与えられた。オイラート部をはじめとする,モンゴル高原北西部のいわゆる〈森林の民〉を平定し,所領の経営にあたる一方,1211年から始まる金朝攻撃の際には,右翼軍として,山西河北の攻略に従事した。19年のホラズム・シャー朝に対する遠征でも,右翼軍司令官として,オトラルからシル・ダリヤ川下流域を征服し,首都ウルゲンチ攻略に加わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ジュチ
(Juchi) キプチャク汗国の始祖。ジンギス=カンの長子。父の征服事業に従軍し、活躍したが、兄弟と争い、父の不興をかって、キプチャク草原攻略の後この地にとどまった。没後第二子バツがカン国を建設。一二二七年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジュチ
Juchi
1172〜1224/25
モンゴル帝国の武将
チンギス=ハンの長子。父を助けてタタール・ナイマンや金の討伐に参加し,オイラートの征服に大功があった。1219年ホラズム遠征に参加したのち,ひとりキルギス草原の経営にあたり,彼の封土は次子バトゥに受け継がれ,キプチャク−ハン国領となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジュチの関連情報

関連キーワード

北条義時元仁ヤマハ発動機の公訴事実宇都宮頼綱金北山曽我祐成宇都宮歌壇曾我兄弟

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation