@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジュネーブ軍縮会議【ジュネーブグンシュクカイギ】

デジタル大辞泉

ジュネーブ‐ぐんしゅくかいぎ〔‐グンシユククワイギ〕【ジュネーブ軍縮会議】
1927年、主力艦の制限を決定したワシントン会議に続いて、巡洋艦以下の艦艇の制限を目的として開かれた国際会議。イタリアフランスの不参加、アメリカ・イギリス・日本の対立で失敗に終わった。
1932年、国際連盟の主催で軍備縮小・制限を目的として開かれた国際会議。六十数か国が参加したが、日本・ドイツの連盟脱退で成果のないまま流会した。
国際連合の枠外における軍縮交渉の場として設けられた常設機関。唯一の多数国間軍縮交渉機関で、事務局はジュネーブに置かれる。1960年に設立された10か国軍縮委員会を前身とし、加盟国の増加と名称変更を経て1984年から軍縮会議となる。2017年現在の加盟国は65か国。日本は1969年に加盟。CD(Conference on Disarmament)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジュネーブぐんしゅくかいぎ【ジュネーブ軍縮会議】
(1)1927年ジュネーブで開かれたアメリカ,イギリス,日本3国による海軍軍縮会議Naval Conference。アメリカ大統領クーリッジがワシントン軍縮会議で除外されていた補助艦(巡洋艦,駆逐艦潜水艦)の数・トン数を制限しようと提議した。しかし,フランス,イタリアが参加を拒絶したうえ,会議では英米間が対立したため,なんの効果もなく閉会した。日本からは斎藤実石井菊次郎全権に任命された。ロンドン軍縮会議(2)国際連盟が規約第8条(軍備縮小)に基づいて1932年2月から34年末まで,59ヵ国の参加を得てジュネーブで開催した全般的軍備縮小に関する会議Disarmament Conference。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジュネーブ軍縮会議
じゅねーぶぐんしゅくかいぎ

1932年に61か国が参加してジュネーブで開かれた軍縮会議。国際連盟理事会は1925年末に軍縮会議に向けて準備委員会を設置したが、30年12月同委員会は条件付きながら、イギリス・フランス案を中心とする軍縮条約案の概要につき合意に達した。そこで31年1月の連盟理事会の決定に基づき、32年2月から59か国(のち、ドミニカ、イラクが加わり61か国)が参加してこの会議が開催された。しかし、ベルサイユ条約による厳しい軍備制限から免れようとして均等軍備権を主張するドイツと、歴史的な経験からその前提として確固たる安全保障制度の構築を主張するフランスとの対立が障害となって話し合いは進展しなかった。イギリスは再三妥協案を提示したが、33年1月にドイツにヒトラー政権が誕生、同年日本、ドイツの国際連盟脱退と環境が悪化し、調停の努力は成功しなかった。軍縮会議は34年末以後再開されなかった。

[前田 寿・納家政嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジュネーブ‐ぐんしゅくかいぎ ‥グンシュククヮイギ【ジュネーブ軍縮会議】
[一] 一九二七年、日本、アメリカ、イギリスが一万トン以下の補助艦制限を目的としてジュネーブで開いた軍縮会議。三国の調整ならず、不成立。ジュネーブ海軍軍縮会議。
[二] 一九三二年二月からジュネーブで国際連盟の主宰のもとに開かれた軍縮会議。国際連盟加盟国のほかアメリカ、ソ連など全部で六一か国が参加したが、ドイツとフランスの対立、ヒトラー政権の樹立(一九三三)、日本の国際連盟脱退(一九三三)などにより、成果のないまま一九三四年五月閉会。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ジュネーブ軍縮会議
軍縮会議」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ジュネーブ軍縮会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジュネーブ軍縮会議の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation