@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジュールの法則【ジュールのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジュールの法則
ジュールのほうそく
Joule's law
電流によって導体内に発生する熱量に関する法則抵抗 R の導線に I の電流が流れているとき,t 秒間に発生する熱は,ジュールを単位にして表わすと I2Rt ,カロリーで表わすと 0.24I2Rt である。この関係は 1840年 J.P.ジュールによって実験的に見出された。発生するジュール熱という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジュール‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ジュールの法則】
導線に電流を通したとき、一定時間に発生する熱量電気抵抗および電流の強さの2乗に比例するという法則。1840年にジュール発見

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ジュールの法則【Joule's law】
導体に流れる定常電流により発生する熱(これをジュール熱*という)と電流値との関係を表す法則,1841年にジュール(J. P. Joule)の発見になる.発生する熱量を Q,導体の抵抗値を R,電流値を I で表すと,

QI2R

となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジュールのほうそく【ジュールの法則 Joule’s law】
導線に電流が流れると熱が発生する。これをジュール熱Joule’s heatといい,単位時間当りの発熱量は,電流の2乗と導線の電気抵抗のに等しい。これがジュールの法則で,1840年にJ.ジュールが確立した。発熱量をW(W)(すなわちW(J/s)),電流をI(A),電気抵抗をR(Ω)とすれば,ジュールの法則はWI2Rと表され,交流については電流の実効値をIとすればこの式が成り立つ。直流の場合,導線の両端の電圧Vオームの法則によりVIRで与えられるから,上の関係はWVIとも書ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジュールのほうそく【ジュールの法則】
導体内に流れる電流によって一定時間内に発生するジュール熱は、電流の強さの二乗および電気抵抗に比例するという法則。1840年ジュールが発見。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジュールの法則
じゅーるのほうそく
電気抵抗Rの導線に電流Iを流すとき、導線に発生する単位時間当りの熱量Qは、QI2Rで表されるという法則。ジュールが実験の結果みいだしたのでこの名がある。また、ジュール‐トムソンの実験により、理想気体では、内部エネルギーが温度だけで決まるということが明らかになった。これもジュールの法則という。この法則は理想気体の特質をもっとも明確に示すものである。
 微視的にいうと、ある物質の気体状態は、その物質に特有な分子(たとえば酸素ではO2分子)が、この気体が入っている容器内の全空間をほとんど不規則に活発に飛び回っている状態である。分子が活発に飛び回っているのは、分子が現在の温度に相当する熱エネルギーを運動エネルギーとしてもっているからである。一方、実在の気体では、分子は有限の大きさをもっており、また分子間には相互作用があって、これらのことから、各分子の行動は互いに独立ではない。このことは、分子間に位置のエネルギー(ポテンシャル・エネルギー)が存在するということであり、また、気体の内部エネルギーが温度だけではなく体積にもよるということでもある。逆にいえば、理想気体とは、分子を大きさをもたない質点と考えることができ、かつ分子間に相互作用がなくて、各分子は互いにまったく独立に行動しているということである。[沢田正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジュール の 法則(ほうそく)
抵抗のある導線に電流が流れると、毎秒その抵抗と電流の二乗とに比例する熱量が発生するという法則。一八四〇年、ジュールが実験的に発見。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュールの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジュールの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation