@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジュールトムソン効果【ジュールトムソンコウカ】

デジタル大辞泉

ジュール‐トムソン‐こうか〔‐カウクワ〕【ジュールトムソン効果】
圧縮した気体細孔から噴出させて急に膨張させると、気体の温度が変化する現象常温では、ほとんどの気体は温度が下がる。気体の液化に利用する。1861年、ジュールトムソン(W.Thomson)が実験で確認した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジュール‐トムソン‐こうか ‥カウクヮ【ジュールトムソン効果】
〘名〙 低温で高圧の気体を急に低圧にすると温度が下がる現象。一八六一年、イギリスのジュール(一)とトムソン(Sir William Thomson = Lord Kelvin)が細孔栓での実験結果を確定した。気体の液化に応用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュールトムソン効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジュールトムソン効果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation