@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョイス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジョイス
Joyce, James (Augustine)
[生]1882.2.2. ダブリン
[没]1941.1.13. チューリヒ
アイルランドの小説家。ダブリンの知的雰囲気にあきたらず,1902年アイルランドを去り,生涯の大半をトリエステ,チューリヒ,パリなど大陸で過して悪戦苦闘の作家生活をおくった。短編集『ダブリンの人人』 The Dubliners (1914) ,半自伝的小説『若い芸術家の肖像』A Portrait of the Artist as a Young Man (17) に続いて,大ユリシーズ』 Ulysses (22) を発表した。この作品は,「意識の流れ」の手法を縦横に駆使して,主人公レオポルド・ブルームの平凡な一日の行動を心理の深層に分入って描いたもので,きわめて斬新な表現によって文壇に甚大な衝撃を与え,いわゆる「全体小説」として 20世紀における最大の問題作となった。最終作『フィネガンズ・ウェーク』 Finnegans Wake (39) はさらに進んだ実験的作品で,言語表現の可能性を極限まで追究したものといえる。ほかに,詩集『室内楽』 Chamber Music (07) ,戯曲『亡命者たち』 Exiles (18) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジョイス(James Augustine Joyce)
[1882~1941]アイルランドの小説家。「内的独白」や「意識の流れ」という手法を用い、さらに言語の前衛的実験によって人間の内面を追求し、20世紀文学に多大の影響を与えた。作「ダブリン市民」「若き芸術家の肖像」「ユリシーズ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ジョイス
株式会社ジョイスが展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は東北地方

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

ジョイス
正式社名「株式会社ジョイス」。英文社名「JOIS Co., Ltd.」。小売業。昭和26年(1951)「株式会社一戸商店」設立。同54年(1979)「株式会社いちのへ」に改称。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は盛岡市東安庭。スーパーマーケット。岩手県で売上高トップクラス。秋田県にも展開。主力食料品。JASDAQ旧上場。平成24年(2012)アークス経営統合完全子会社となり上場廃止

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジョイス【James Joyce】
1882‐1941
アイルランドの詩人,小説家。ダブリンに生まれ,C.S.パーネル没落直後のアイルランド独立運動挫折期に育つ。イエズス会の教育を受け,聖職への道を勧められたが,ユニバーシティ・カレッジに進んだころから本格的に文学に志し,1902年ここを卒業すると,同年冬パリに赴いた。しかし貧困そのもののパリでの生活は長続きせず,03年母危篤の報で帰国し,私立学校の教師となった。04年6月,ノラ・バーナクルと結婚,再び祖国を去り,アドリア海沿岸のプーラで英語教師の職についた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジョイス【James Joyce】
1882~1942 アイルランドの作家。ダブリン生まれ。ヨーロッパを転々としながら言語の可能性を追求。短編集「ダブリナーたち」では徹底した写実技法によって自ら「麻痺の中枢」と呼んだダブリンを描く。Dubliner という英語はこれが初出。自伝的作品「若き日の芸術家の肖像」に現れる「沈黙、流浪、狡猾」の創作姿勢は、「ユリシーズ」「フィネガンズウェイク」として結実。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョイス
じょいす
James Augustine Aloysius Joyce
(1882―1941)
アイルランドの小説家。プルーストと並んで20世紀の小説革命にもっとも力のあった作家。[出淵 博]

生涯

2月2日、ダブリンの収税吏の子に生まれる。すばらしいテノールの持ち主で冗談好きの父と、カトリックの信仰厚いピアノの上手な母とから、独自の言語感覚と音楽性を受け継いだ。名門のイエズス会系の学校クロンゴーズウッド・カレッジに入学するが、父の失職に伴う家運の衰退によって退学。のち給費生として、もう一つの名門校ベルベディア・カレッジに転校。ここでラテン語、フランス語、イタリア語を修得するが、聖職にはつかない決意をした。1898年ダブリンの大学ユニバーシティ・カレッジに進学。フロベール、イプセン、ハウプトマンに傾倒。1900年18歳で、イプセンの『われら死者目ざめる時』についての論文「イプセンの新しい劇」を『フォートナイトリー・レビュー』誌に掲載、イプセンから礼状をもらう。このことと、翌年アイルランド文芸劇場にみられる地方的偏狭性をついたパンフレット『騒乱の時代』を自費出版した事実から、ジョイスが若くして、普遍的なヨーロッパへの憧憬(しょうけい)をもっていたことがわかる。
 1902年大学を卒業後、家計を考えて医師として身を立てようと医学校に進学するがすぐ中退、パリに出た。無一文の状態で文学を修業するが、このころ、彼の「内的独白」の手法に強い影響を与えることになるエドゥワール・デュジャルダンdouard Dujardin(1861―1949)の『月桂樹(げっけいじゅ)は切られた』を入手している。1904年、母危篤の知らせで帰国、祈ってほしいという死の床での母の願いを、すでに棄教しているという理由で拒み、このことでのちのちまで心をさいなまれた。この年、妻になるノラ・バーナクルという娘と知り合った。やがてダブリンを離れ、イタリア領ポーラ(現、クロアチア領プーラ)、トリエステ、ローマなどを放浪、創作活動を続ける。トリエステ時代に、英語の個人教授をした生徒のなかに富裕なユダヤ系イタリア商人エットレ・シュミッツがいたが、彼はジョイスに励まされイータロ・ズベーボの筆名で作品を発表することになる。その後ジョイスはダブリンには二度ばかり帰国するが、1912年、8年来書き続けていた『ダブリン市民』をめぐって、アイルランドの出版社との間がこじれてからは二度と故国の土を踏まなかった。第一次世界大戦中はチューリヒに滞在し、貧困と眼疾とに苦しむが、イェーツ、パウンドらの後援、『エゴイスト』誌の編集長ウィーバーHarriet Shaw Weaver(1876―1961)の資金的援助によって切り抜け、『若い芸術家の肖像』『ユリシーズ』をそれぞれ『エゴイスト』『リトル・レビュー』誌に連載した。1920年から19年間はパリ生活、第二次世界大戦のため1940年からチューリヒに移るが、翌1941年1月13日、十二指腸潰瘍(かいよう)のため死亡。[出淵 博]

小説形式の極北を目ざす実験

作品としては、叙情的で形式的に完璧(かんぺき)さをもつ詩集『室内楽』(1907)、フロベールに学んだ写実と細部描写からものの本質がひらめき出るいわゆる「エピファニー」の手法を用いた短編集『ダブリン市民』(1914)、芸術家としての天分の発見を文体自体の成長と合致させたユニークな教養小説である長編『若い芸術家の肖像』(1916)、中年の広告業者の1日を、ホメロスの『オデュッセイア』の枠組みに当てはめて描き出した神話的手法の長編『ユリシーズ』(1922)のほか、戯曲『追放者たち』(1918)、詩集『一つ一ペニーの林檎(りんご)』(1927)があるが、1923年から15年かかって完成し、さまざまな雑誌に分載した「進行中の作品」――『フィネガンズ・ウェーク』(1939)は、H・C・イアリッカーという泥酔男の一夜の夢のなかに人類史を封じ込め、G・ビコの円環状の歴史観によって体系づけたもの。新しい言語を創造することによって同時に新しい世界を創造しようという壮麗な試みであり、小説形式の極北を目ざしたものといえよう。また死後発見されたエロスに満ちたスケッチ集『ジャコモ・ジョイス』(1968)がある。ジョイスの文学上の実験はフォークナーらの英語圏作家にとどまらず、フランスのクロード・シモン、ロブ・グリエらヌーボー・ロマンの作家や『テル・ケル』の批評家、ガルシア・マルケス、カブレラ・インファンテら南米ラテン系諸国の作家たちに影響を与えた。[出淵 博]
『出口泰生訳『室内楽』(1972・白凰社) ▽海老池俊治・戸田基・小田島雄志他訳『世界文学大系67 ジョイス』(1976・筑摩書房) ▽海老根宏他訳『世界文学大系68 ジョイス オブライエン』(1998・筑摩書房) ▽伊藤整編『20世紀英米文学案内9 ジョイス』(1969・研究社出版) ▽丸谷才一編『ジェイムズ・ジョイス』(1974・早川書房) ▽丸谷才一著『6月16日の花火』(1986・岩波書店) ▽大澤正佳著『ジョイスのための長い通夜』(1988・青土社) ▽リチャード・エルマン著・宮田恭子訳『ジェイムズ・ジョイズ伝1・2』(1996・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジョイス
(James Augustine Joyce ジェームズ=オーガスティン━) アイルランドの小説家。プルーストとならび、二〇世紀の小説の革新にもっとも影響を与えた作家。「意識の流れ」という手法で人間の内的状態をなまのまま表現しようとした。主著「若き芸術家の肖像」「ユリシーズ」「フィネガンズ・ウェイク」など。(一八八二‐一九四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジョイス
James Joyce
1882〜1941
アイルランドの作家
1922年実験小説『ユリシーズ』を発表して,意識の流れをたどる内面心理の独白を試み,欧米の文学に大きな影響力を及ぼした。ほかに『ダブリンの市民』『亡命者』『フィネガンの通夜』など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョイス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョイスの関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation