@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョイデス・レゾリューション号【じょいですれぞりゅーしょんごう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョイデス・レゾリューション号
じょいですれぞりゅーしょんごう
JOIDES Resolution

科学調査用の海底ボーリング試料を採取する掘削船。船名の「ジョイデスJOIDES」は、国際深海掘削計画Ocean Drilling Program(ODP)の前身である深海掘削計画Deep Sea Drilling Program(DSDP)の学術研究面を運営する機構であった深海底サンプリング海洋学研究所共同研究機構Joint Oceanographic Institution for Deep Earth Samplingの頭文字をとったものである。また「レゾリューション」は200年以上前、船長ジェームズ・クックが乗り組み、太平洋や南極周辺海域を探査したHMSレゾリューション号に由来する。1972年に竣工した海底油田探査船を改造したもので、国際深海掘削計画事業に従事。この一連の事業には、当初グロマー・チャレンジャー号が従事していたが、1985年に事業を拡充したおりに、性能の高い本船に切り替えられた。全長143メートル、幅21メートル、排水量1万8600トン。船の中央の高さ61メートルの掘削用の櫓(やぐら)が特徴的である。前後12のスラスター(船幅方向の推進器)を有し、秒速1.3メートルの海流のある所でも、また風速毎秒23メートル、最大波高9メートルの荒天でもボーリングを続けることができるようになった。ボーリングの能力も増強され、水深9150メートルまでの深海で掘削でき、また、海底下最大8235メートルまでの掘削が可能になった。

[安井 正・佐伯理郎]

『月刊『地球』編集部編『新しい地球観への挑戦――国際深海掘削計画(ODP)の成果』(月刊『地球』号外6号・1992・海洋出版)』『蒲生俊敬著『海洋の科学――深海底から探る』(1996・日本放送出版協会)』『月刊『地球』編集部編『21世紀の深海掘削への展望』(月刊『地球』号外19号・1997・海洋出版)』『藤岡換太郎著『深海底の科学――日本列島を潜ってみれば』(1997・日本放送出版協会)』『藤井弘道著『深海掘削計画における環境問題――主として廃棄物処理に関する法規制について』(1998・海洋科学技術センター)』『『国際深海掘削計画』(1998・東京大学海洋研究所ODP日本事務局)』『海技大学校編・刊、井口博夫著『海の底から地磁気の歴史を探る――深海掘削船ジョイデス・リゾリューション号』(2002)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョイデス・レゾリューション号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョイデス・レゾリューション号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation