@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョットの鐘楼【ジョットノショウロウ】

デジタル大辞泉

ジョット‐の‐しょうろう【ジョットの鐘楼】
Campanile di Giotto》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェサンタマリア‐デル‐フィオーレ大聖堂の隣にあるゴシック様式の鐘楼。高さ約85メートル。1334年にジョットの設計により着工。彼の死後アンドレア=ピサーノフランチェスコ=タレンティが工事を引き継いで1359年に完成した。大聖堂と同様に、白、赤、緑の大理石を用いている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょっとのしょうろう【ジョットの鐘楼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

ジョットのしょうろう【ジョットの鐘楼】
イタリア北部のフィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にあるドゥオーモ、サンタマリアデルフィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)の脇に建っている、高さ84mのゴシック様式の大理石の塔。1334年にジョット(Giotto di Bondone、1267頃~1337年)の設計により、聖堂の建設と同時に着工し、彼の死後の1354年に完成した。414段の階段を上って最上階まで行くことができる。彫刻家・建築家のアンドレアピサーノ作の「芸術と職業」の彫刻、人間の再生の過程が描かれた六角形のレリーフ、最上階の予言者と巫女の像など、美しい装飾が施され、ダンテは「神曲」の中で、この塔の美しさを絶賛している。塔の最上階からは、フィレンツェの町を一望できる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョットの鐘楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョットの鐘楼の関連情報

関連キーワード

鐘塔カンパニリズモサンタクローチェ教会サンフランチェスコ大聖堂スクロベーニ礼拝堂カルラハウゼンシュタイン彗星・小惑星探査機ロゼッタ(彗星探査機)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation