@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョン(王)【じょん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョン(王)
じょん
John
(1167―1216)
プランタジネット朝第3代のイギリス王(在位1199~1216)。ヘンリー2世の末子。あだ名は欠地王Lacklandで、出生時フランス国内の領土が3人の兄にすべて与えられていたことに由来。兄リチャード1世の十字軍出征中王位をうかがったが失敗。その死後に即位。フランス王フィリップ2世破門事件に乗じて大陸領領有を認められたが、ポアトゥー貴族らと係争してフランス王廷に召喚されたが出廷せず、フィリップ2世がかばっていた自分の甥(おい)を殺害してフィリップの怒りを買い、1204年大陸領の大部分を失った。さらに教皇インノケンティウス3世の推すスティーブン・ラングトンのカンタベリー大司教就任を抑えて09年に破門された。13年に教皇と和解。15年に内外の失政を批判する貴族から「マグナ・カルタ」(大憲章)の署名を強いられた。しかしその実施をめぐり、教皇の支持を受けてふたたび貴族と対立、その内戦中に病没した。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョン(王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョン(王)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation