@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョン・オブ・ゴーント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジョン・オブ・ゴーント
John of Gaunt, Duke of Lancaster
[生]1340.3. フランドルヘント
[没]1399.2.3. ロンドン
イングランド王エドワード3世の第4子。 1359年ランカスター公ヘンリーの姪ブランチと結婚し,広大なランカスター公の遺領を手に入れ,62年ランカスター公となった。 69年春百年戦争が再開されるとイングランド軍を指揮,また国政実権を握った。 69年秋,公妃ブランチがしたので,72年カスティリア王ペドロ1世 (残虐王) の娘コンスタンスと再婚,カスティリア王位請求権を獲得した。 86年カスティリア王フアン1世を攻めたが効果なく,フアンの子 (のちのエンリケ3世) と自分の娘を結婚させ,その間の子にカスティリア王位継承権を譲る条件で自分の王位請求権を放棄。 89年リチャード2世からアキテーヌ公に封じられ,90年フランスと和したがアキテーヌの統治に失敗した。ジョンの子ヘンリーは,99年リチャード2世を攻撃して退位させ議会の承認で即位してヘンリー4世となりランカスター朝を開いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョン・オブ・ゴーント
じょんおぶごーんと
John of Gaunt
(1340―1399)

イギリス王エドワード3世の四男。ランカスター公。彼の息子ヘンリー4世に始まるランカスター朝の祖。フランドルのヘントGentで生まれたのでこの名がある。長兄エドワード(黒太子)とともに百年戦争で武名を高め、ついでカスティーリャ王国の内紛に介入するなど大陸各地に転戦した。帰国後エドワード3世は老衰し、黒太子も病床についたため、ひとり権勢を強める形となった。しかし、黒太子が死ぬとその子リチャード2世が王位を継承した(1377)ので、ジョンは反国王派と目され、不遇のうちに晩年を過ごした。一時はふたたびスペインに出兵し、またアキテーヌ公に封じられる機会に恵まれたものの、勢力挽回(ばんかい)はならず、失意のまま没した。

[松垣 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョン・オブ・ゴーント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョン・オブ・ゴーントの関連情報

関連キーワード

イワンスッピルリウマバルデマー[4世]興国バルデマー(4世)百年戦争ボッカチオ工部尚書工部侍郎工部郎中

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation