@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョージ(3世)【じょーじ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョージ(3世)
じょーじ
George
(1738―1820)
ハノーバー朝第3代のイギリス王(在位1760~1820)。ジョージ2世の。大陸で育った先王と異なりイギリスで生まれた彼は、「愛国王」としての自覚をもち、1760年の即位以後、ホイッグ党の有力政治家を退けて親政を開始した。とくに治世初期の数年間は、自らの家庭教師であったビュート伯を重用し、次々と内閣を更迭したため、政界や世論の強い反発を買った。その間、ウィルクス問題や北アメリカ植民地課税問題がおこった。70年にノースを首相としてからは政局は安定をみたが、アメリカ独立革命を押さえることができず、合衆国の独立承認を余儀なくされた。83年にトーリー党ピット(小)を首相に任じて以後は、ピットのカトリック教徒解放政策を拒否するといったことはあったものの、政治の主導権を徐々に失っていった。晩年は精神に異常をきたしたため、1811年以降、皇太子が摂政を務めた。60年に及ぶ彼の治世中に、イギリスは産業革命を体験し大きく変貌(へんぼう)した。[青木 康]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジョージ(3世)
George Ⅲ
1738〜1820
イギリス王(在位1760〜1820)
ジョージ2世の孫。彼の治世は60年に及んだが,その間にイギリスは産業革命を経験し,社会は大きく変貌した。「王の友」の側近を養成して議会勢力を抑え,首相ノース(トーリー党)によって親政を行った。治世中にアメリカ独立戦争・フランス革命ナポレオン戦争などがあったが,トーリー党のピット(小)らに助けられて難局を切りぬけた。たびたび精神に異常をきたし,晩年は廃人となり長子(のちのジョージ4世)が摂政となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ(3世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョージ(3世)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation