@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジョージ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジョージ
George, Henry
[生]1839.9.2. フィラデルフィア
[没]1897.10.29. ニューヨーク
アメリカのジャーナリスト,社会改革論者。 1880年ニューヨークを中心に改革運動を起し,D.リカード的地代論に立って人口の増加,機械使用による利益は土地の独占的所有者にほとんど吸収されてしまう結果,貧富の差が大きくなり,地代は上昇し,利子,賃金は低下すると述べた。したがって土地の共有の必要性を説き,その方法として全地代を租税として徴収し,それを社会福祉その他の支出に向けよと主張した。またこの税収は全財政支出をまかなって余りあるとし,他の租税を撤廃すべしと主張したため,単税論者とも呼ばれる。主著進歩と貧困』 Progress and Poverty (1879) は国際的反響を呼び,19世紀末のイギリス社会主義に大きな影響を与え,広くジョージ主義運動を起し,フェビアン協会の発足 (84) に一つのきっかけを与えた。ほかに『土地問題』 The Irish Land Question (81) ,『社会問題』 Social Problems (83) ,"The Science of Political Economy" (98) などの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ
George
南アフリカ共和国西ケープ州南東部の町。ポートエリザベス西方約 310kmに位置。1811年に建設され,イギリス国王ジョージ3世にちなんで命名。ホップ栽培,製靴製材,家具製造,皮なめしが主産業。保養地としても有名。人口 7万8154(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジョージ(George)
英国王。
(1世)[1660~1727]在位1714~1727。ドイツのハノーバーの選帝侯であったが、迎えられて英国王位に就き、ハノーバー朝創始。英語を知らずハノーバーにこもることが多かったので、国政内閣議会にゆだねられ、責任内閣制が発達した。
(3世)[1738~1820]在位1760~1820。君権拡大を図り、国政の指導に当たったが、米国の独立を招くなど失政が多かった。
(5世)[1865~1936]在位1910~1936。エドワード7世の子。第一次大戦中、王家付属のドイツ系爵位・称号を廃し、ウィンザー家を創立。立憲君主として国民に敬愛された。
(6世)[1895~1952]在位1936~1952。5世の次男。兄エドワード8世の退位により即位エリザベス2世の父。第一次大戦に海軍士官として従軍。第二次大戦前後には国際親善に努めて英国の国際的地位の安定に努力した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ(George)
南アフリカ共和国南部、西ケープ州の都市。ウテニカ山脈の南麓、ケープタウンポートエリザベスの中間に位置する。鉄道の分岐点、および空港がある交通の要地で、ケープ植民地時代に東部開発の拠点として建設された。古くから林業および木材加工業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ジョージ
吉祥寺(東京)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

ジョージ
サンリオのキャラクターシリーズ「ベスト・フレンズストーリー」のメインキャラクター。丘の上のホテルに住むネズミ男の子。あずき色のハンチング帽を被っている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ
第2次世界大戦時の日本海軍局地戦闘機紫電」「紫電改」の連合軍によるコードネーム

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジョージ【Henry George】
1839‐97
アメリカの経済学者,土地制度改革論者。主著《進歩と貧困》(1879)および土地単税single tax論によって名高い。ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれ,少年時代に水夫になったりしたが,やがてカリフォルニアへ移って印刷工,新聞記者として働く。サンフランシスコ周辺において投機業者による土地買占めの実情にふれ,人口増加にともない地価が上昇するが,その利益がすべて大土地所有者に独占されてしまうのを知ったことが,彼の思想形成の中心となり,著作に結実した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジョージ【George】
(一世)1660~1727 イギリス国王(在位1714~1727)。ドイツのハノーバー家から王位につきハノーバー朝を創始。英語を知らず統治にも無関心で、国政をウォルポールに委任。結果的に責任内閣制の発達を促した。
(三世)1738~1820 イギリス国王(在位1760~1820)。低下した王権の回復に努めたが、植民地アメリカの独立にあい国民の不信を買った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジョージ
じょーじ
Henry George
(1839―1897)
アメリカの経済学者。土地制度改革論者。ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。船員になって各地を回ったのち、1857年カリフォルニアに移り、印刷工、新聞通信員、出版業などに従事した。この間、同地での経済発展に伴う地代の増大と貧富の格差の拡大を経験して、主著の『進歩と貧困』Progress and Poverty(1879)を書き、リカード地代論に依拠して、土地が地主に独占された社会においては、社会進歩に伴う富の増大は地主の所得する地代の増大となって彼らに独占され、貧困が存続する一原因になると考えた。それに基づいて彼は、地代をすべて租税として国家が徴収し、労働と資本への課税であるその他の全租税を撤廃すべきであるという土地単一課税を説き、富の偏在の是正と産業発展の促進を主張した。また、82年から2年間イギリスを訪れ、当時のイギリスの社会主義運動、とくにフェビアン協会の設立に影響を及ぼした。なお、86年と97年のニューヨーク市長選挙に立候補し、二度目の選挙戦中に病死した。[藤田勝次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジョージ
(George) イギリス国王の名。
[一] (一世) 在位一七一四‐二七。ドイツのハノーバー家に生まれる。一七〇一年の王位継承法に基づきアン女王の死後イギリス国王に即位。英語を解さずハノーバーに留まることが多かったため、国政は内閣と議会にゆだねられ、責任内閣制を発展させる結果を生んだ。(一六六〇‐一七二七
[二] (二世) 在位一七二七‐六〇。ジョージ一世の子。治世中アメリカ植民地でスペインと開戦、オーストリア継承戦争に介入、七年戦争などを行なう。首相大ピットとともに植民地の基礎を築き、責任内閣制をさらに発展させた。(一六八三‐一七六〇
[三] (三世) 在位一七六〇‐一八二〇。ジョージ二世の孫。ジョージ一、二世と異なり王権の強化を試みたが、アメリカにおける植民地政策に失敗して独立戦争をひき起こした。(一七三八‐一八二〇
[四] (四世) 在位一八二〇‐三〇。ジョージ三世の子。乱れた私生活をおくったため、王権の失墜を招いた。(一七六二‐一八三〇
[五] (五世) 在位一九一〇‐三六。エドワード七世の次男。典型的な立憲君主で王室の地位を確立。第一次世界大戦中ハノーバー家に続くサックス‐コーバーグ‐ゴータ家をウィンザー家と改めた。(一八六五‐一九三六
[六] (六世) 在位一九三六‐五二。ジョージ五世の次男。兄エドワード八世(ウィンザー公)の退位により即位。在位中第二次世界大戦が起こったが、立憲君主としての責務を果たした。現女王エリザベス二世の父。(一八九五‐一九五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジョージ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョージの関連情報

関連キーワード

タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ショパンタンジマートジョイナーデグロンバスチャン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation