@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジロンド派【ジロンドは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジロンド派
ジロンドは
Girondins
フランス革命の立法議会国民公会党派。この名称はジロンド県選出議員の多かったことによる。また,指導者 J.ブリッソーの名を取ってブリッソー派とも呼ばれる。おもなメンバーは M.ガデー,A.ジャンソネ,P.ベルニョ,M.コンドルセらで立法議会の左翼に位置し,ジャコバン・クラブ (→ジャコバン派 ) やロラン夫人のサロンで会合した。 1791年末ジロンド派は対オーストリア戦争に賛成したが,戦争はジロンド派が予期したようには進行せず,彼らが組織した 92年6月 20日のデモも不成功に終った。以後ジロンド派の勢力は後退しはじめ,8月 10日の王権停止の蜂起は彼らの介入なしに遂行された。このようなジロンド派と民衆 (→サン=キュロット ) との断層は同年の九月虐殺 (第1次恐怖政治) によって激化し,国民公会における山岳派との対立に発展していった。両者の争いは国王ルイ 16世処刑問題で激しさを加え,また 93年春の戦線での敗北はジロンド派に対する信用を失墜させ,祖国と革命の防衛者としての資格を失ったジロンド派は,この年の6月追放され,山岳派の独裁が始った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジロンド‐は【ジロンド派】
《〈フランス〉Girondinsフランス革命期の立法議会国民公会における党派。指導者のうち三人がジロンド県出身の議員であったからいう。商工業ブルジョアジーを代表する穏健な共和主義派で、ジャコバン派と対立。一時は多数を占めたが、1793年、国民公会から追放された。ジロンド党。→ジャコバン派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジロンドは【ジロンド派 Girondins】
フランス革命中に立法議会の左翼,国民公会の右翼を占めた政治グループ。ブリソ,ベルニオー,イスナール,コンドルセ,ガデ,ジャンソネなどの議員や内務大臣ロランを主たる指導者とし,大港湾都市の銀行家や大商人の利益を代表するブルジョア共和派。革命当時はブリソ派とかロラン派といわれたが,ジロンド県出身の議員が多いことから19世紀になってジロンド派とよばれるようになった。1791年末から92年春に,外国君主と結ぶ国王に退位を迫り,国内に経済繁栄をもたらそうとしたジロンド派は,盛んに開戦論を展開し,92年3月,ブリソを首班とする最初のジロンド内閣を組織すると,すぐにオーストリアとの革命戦争に突入した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジロンドは【ジロンド派】
フランス革命時代の商工業ブルジョアの党派。ジロンド(Gironde)県出身議員にちなむ命名。穏健な共和主義を唱え革命初期は有力だったが、ジャコバン派と対立し、1793年国民公会から追放された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジロンド派
じろんどは
Girondinsフランス語
フランス革命期の立法議会および国民公会における党派。主として商工業ブルジョアジーを代表する自由主義の党派で、ブリソ、コンドルセ、ベルニオー、ガデ、ジャンソネなどがもっとも著名かつ活動的なメンバーで、このうち後の三者がジロンド県選出の議員であったことからジロンド派とよばれる。しかし、この派名がもっとも代表的な名称として統一されたのは、19世紀になってラマルチーヌの『ジロンド派の歴史』がベストセラーとなって以後のことであり、革命の当時にあってはむしろ有力メンバーの名によってよばれることが多く、とくにブリソ派という呼び方がもっとも多かった。1791年6月の国王ルイ16世のバレンヌ逃亡事件後のフイヤン派の分裂でジャコバン・クラブの指導権を握り、同年秋からの立法議会では左翼を形成し、分裂後のフイヤン派と対立し、国王の反革命的な実体を暴き出し、かねて貿易上の利害を守るために対外戦争を推進した。そしてジャコバン・クラブ内ではロベスピエールら後の山岳派(モンタニャール)の反対を抑え、92年春、自派に近い政治家を大臣に選ぶことを国王に強制し、ついに対オーストリア宣戦布告をかちとった。しかし、戦争指導に失敗し、そのうえ戦争遂行をサボタージュする国王その他の反革命勢力との決定的対決もできず、同年8月10日の人民蜂起(ほうき)にも反対した。以後、蜂起コミューンおよびこれと結ぶ山岳派と争い、国民公会の初期には公会で優勢を守りえたが、ルイ16世の死刑をめぐる討論で敗勢を示し、93年5月31日~6月2日の人民蜂起で政権の座を追われ、多くは逮捕されて死刑に処されたほか、逃亡して地下に潜み、自殺に追い込まれたものもある。山岳派の独裁と恐怖政治を耐えて生き延びたものは、94年の「テルミドールの反動」に一役買い、以後権力を握ったいわゆるテルミドール派の一翼として政治活動を再開した。[樋口謹一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジロンド派
ジロンドは
Girondins
フランス革命中,立法議会・国民公会における党派。主として商工業ブルジョワの利益を代表し,穏和な共和主義を唱えた
ブリソー・ローラン夫人らを指導者とし,立法議会で優位を占め,内閣を組織し,対外戦争を主張して革命戦争を始めた。国民公会で山岳派と抗争して敗れ,テルミドール反動で勢力を復活した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジロンド派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジロンド派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation