@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ジーニン

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジーニン
じーにん
Николай Николаевич Зинин Nikolay Nikolaevich Zinin
(1812―1880)
ロシアの化学者。カザン大学で数学と化学を学び、1837~1840年西欧に留学しておもにギーセンリービヒの下で研究した。帰国後、1841年カザン大学化学技術学員外教授、1845年同正教授になり、1848年ペテルブルグの医科高等学院教授に転じて1874年まで務めた。おもに芳香族化合物を研究し、とくにニトロ化合物硫化アンモニウムの作用によるアミン類への還元の研究は有名で、1842年、同法によりニトロベンゼンからアニリンを合成した。同法はのちにアニリン染料工業で重要な役割を果たした。彼のロシア化学の発展に与えた影響は大きく、とくにカザン大学でロシア最初の有機化学教室をつくった。ロシア化学会の初代会長。直接の弟子にブートレロフとボロディンがいる。[梶 雅範]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ジーニン
生年月日:1812年8月13日
ロシアの有機化学者
1880年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ジーニン
ジーニン
Zinin, Nikolai Nikolaevich

ロシアの化学者.カザン大学で数学と化学を学び,西欧に留学して,おもにギーセン大学のJ. Liebig(リービッヒ)のもとで研究した(1837~1840年).帰国後,1841年カザン大学化学技術学員外教授,1845年同正教授になり,1848年サンクトペテルブルクの医科外科アカデミー教授に転じて1874年まで務めた.おもに芳香族化合物を研究し,とくにニトロ化合物の硫化アンモニウムの作用によるアミン類への還元の研究は有名で,1842年同法により,ニトロベンゼンからアニリンを合成した.かれのロシア化学の発展に与えた影響は大きく,カザン大学でロシア最初の有機化学教室をつくり,ロシア化学会の初代会長を務めた.直接の弟子にA.M. Butlerov(ブトレロフ)とA.P. Borodin(むしろ作曲家として有名)がいる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジーニン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジーニンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation