@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スウィフト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スウィフト
Swift, Gustavus Franklin
[生]1839.6.24. マサチューセッツ
[没]1903.3.29. シカゴ
世界屈指の食肉会社の創設者。 14歳でと畜助手となり,食肉取引業者として事業を拡大。 1877年食肉冷凍用鉄道貨車を開発して生鮮肉シカゴから東部海岸市場に送ることに成功,85年資本金 30万ドルで食肉会社のスウィフト社設立ほかマーガリン石鹸肥料など関連製品の事業にも進出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウィフト
Swift, Jonathan
[生]1667.11.30. ダブリン
[没]1745.10.19. ダブリン
アイルランド生れのイギリスの作家,ジャーナリスト。幼い頃から家庭的に恵まれず,ダブリンのトリニティ・カレッジを出て,政治家の秘書,牧師の職につき,当時の政治,宗教界を風刺する『桶物語』A Tale of a Tubや,古代と近代の優劣を論じて前者を支持した『書物戦争』 The Battle of the Books (ともに 1704) を書き,攻撃的な風刺作家としての本領を発揮した。トーリー,ホイッグの二大政党対立のなかで激しい調子の風刺文や,さりげない皮肉のうちに針を隠した政治批判の作品を発表したが,アン女王没後の政変以後ダブリンで失意の生活をおくった。最もよく知られる『ガリバー旅行記』 Gulliver's Travels (26) は,時代や国の別をこえて,普遍的な人間風刺文学となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウィフト
エスマーク」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スウィフト(Jonathan Swift)
[1667~1745]英国小説家アイルランドの生まれ。人間と社会を風刺した品を発表。作「ガリバー旅行記」「桶物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

スウィフト Swift, John Trumbull
1861-1928 アメリカの教育者。
1861年4月3日生まれ。明治21年(1888)英語教師として初来日。22年再来日し,10年にわたりYMCA運動を指導,東京YMCA会館を建設した。のち3度目の来日で東京高師などで英語,英文学を教授。昭和3年8月13日東京で死去。67歳。コネティカット州出身。エール大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

スウィフト【Gustavus Franklin Swift】
1839‐1903
アメリカの精肉業者。マサチューセッツ州の農家に生まれ,のちシカゴに移住し精肉業者として産をなした。1885年には食肉会社スウィフト社を設立した。1880年代,それまでの家畜を生きたまま輸送する方法にかえて,加工処理した枝肉を冷蔵貨車で輸送する方法を考案し,業界の反対を克服して成功を収めた。また,この食肉の大量販売に見合う大量処理の手段として,精肉工場にアセンブリー・ライン(流れ作業)を導入したことでも有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スウィフト【Jonathan Swift】
1667‐1745
イギリスの風刺作家,詩人。イギリス人を両親としてアイルランドに生まれる。ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業後,イングランドのサリー州ムーア・パークで文人政治家W.テンプルの秘書となり,約10年間彼の強い影響を受けた。彼の死(1699)後はアイルランドに帰り聖職を得る。その間《書物合戦》と《桶物語》(ともに1704)を執筆。前者は当時行われていた文学の新旧論争に加わりテンプルに味方して古典派にくみしたものであり,後者学問と宗教における弊害と腐敗を暴露したもので,ともに彼の風刺家としての名声を高めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スウィフト【Jonathan Swift】
1667~1745 イギリスの小説家。痛烈な風刺と批判精神で文壇・政界に活躍。代表作「ガリバー旅行記」「桶物語」「書物合戦」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウィフト【SWIFT】
Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication
国際銀行間通信協会。国際金融機関の通信業務を遂行するために 1973 年設立。本部はベルギー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スウィフト
(Jonathan Swift ジョナサン━) イギリスの小説家。イギリスの小説の創生期に風刺小説を残す。ホイッグ、トーリー両党の政争に論客として活躍。また、ダブリンの聖パトリック教会の首席司祭の職にもついている。代表作「ガリバー旅行記」。(一六六七‐一七四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

スウィフト
Jonathan Swift
1667〜1745
イギリスの風刺作家
アイルランド生まれ。聖職につくが,政界にも野心をもつ。「桶物語」「書物合戦」で宗教界・学界堕落を風刺。晩年には『ガリヴァー旅行記』(1726)を書き,当時の社会を痛烈に風刺した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウィフト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スウィフトの関連情報

関連キーワード

タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ショパンタンジマートジョイナーデグロンバスチャン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation