@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スカパンの悪だくみ【すかぱんのわるだくみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

スカパンの悪だくみ
すかぱんのわるだくみ
Les Fourberies de Scapin

フランスの劇作家モリエールの戯曲。三幕散文喜劇。1671年初演。ナポリの港町。2人の老人アルガント、ジェロントの旅行中、それぞれの息子オクターブ、レアンドルはともに恋人をみつけるが、親に無断の結婚はむずかしい。悪だくみの名人、従僕スカパンは、恋人たちのために次々に計略を巡らし、締まり屋の老人たちから金を搾り取る。ついには仕掛けが露見し窮地に陥るが、めでたい2組の結婚に免じて許される。南国的な陽気な笑いを存分に振りまくこのイタリア風笑劇は、またきわめて均斉のとれた構成をもち、モリエール晩年の佳作とされ、笑劇としてはもっとも上演回数が多い。

[井村順一]

『鈴木力衛訳『スカパンの悪だくみ』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカパンの悪だくみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカパンの悪だくみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation