@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スカラー【すからー】

デジタル大辞泉

スカラー(scalar)
長さ・面積・質量温度・時間など、大きさだけで定まる量。スカラー量。→ベクトル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スカラー【scalar】
最初は物理学において使われた概念であり,適当に単位を定めることによって実数で表すことのできる量,すなわち大きさしかない量をスカラー量あるいは単にスカラーという。ラテン語階段,または目盛を意味するscalaからきた。長さ,時間,温度,質量,電荷などがスカラーである。これは力のように大きさと方向をもつベクトルと区別するために用いられる概念である。ベクトルは座標を使って数ベクトルとして表示すると座標の一次変換によってその成分が変化するが,スカラーは一次変換によって不変である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スカラー【scalar】
速度のような大きさと向きをもつ量に対して、温度のように大きさだけをもつ量。ベクトルに対して、普通の数。スカラー量。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スカラー
scalar
ベクトルテンソルに対する言葉で,単に数値だけで完全に表わされる量。または座標軸の変換に対して不変な量をいう。一般のベクトル空間では,係数体の元をスカラーということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スカラー
すからー
scalar
実数のことであるが、ベクトルと対比して使われるときにこの名称を用いる。ベクトルが向き(あるいは方向)と大きさをもっているのに対して、スカラーは大きさだけを表す量であり、向きをもたない。たとえば、距離、時刻、温度を数量化したものはスカラーである。スカラー倍、スカラー積などとしてよく用いられる。[高木亮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スカラー
〘名〙 (scalar) 長さ、面積、重さなど、大きさだけで定まる量。常識上の数。ベクトルに対していう。スケーラー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカラーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation