@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スカンジナビア山脈【スカンジナビアサンミャク】

デジタル大辞泉

スカンジナビア‐さんみゃく【スカンジナビア山脈】
スカンジナビア半島を南北に走る山脈。ノルウェー・スウェーデン国境をなす。最高峰ガルヘピゲン山で標高2469メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スカンジナビア山脈
すかんじなびあさんみゃく
Scandinavian Mountain Range
ヨーロッパ北部、スカンジナビア半島の主軸をなす山脈。半島の中央部西寄りに背骨のように連なり、古生代の造山運動によって形成された褶曲(しゅうきょく)山脈である。最高峰はノルウェー南部のガルヘピゲン山で2469メートル。先カンブリア界の変成岩よりなり、ところどころに花崗(かこう)岩を主とする深成岩が貫入している。更新世(洪積世)に著しい氷食作用を受けたため、各地に氷河地形がみられる。なかでもU字型をした深い氷河渠(きょ)(U字谷)の発達が顕著である。ノルウェー側では、このU字谷が沈水して海水が奥深くまで入り込み、美しいフィヨルド(峡湾)となっている。フィヨルドは天然の良港をなし、北海漁業の基地となるばかりでなく、近年は観光資源としても重要性をもつようになった。この山脈に水源を発する河川は流量が多く、比較的流量の変動が少ないため、ノルウェー、スウェーデン両国では水力発電が盛んに行われている。[田口雄作]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スカンジナビア‐さんみゃく【スカンジナビア山脈】
スカンジナビア半島のやや西寄りを南北に走る山脈。褶曲(しゅうきょく)した古生層からなる高原状の山地で、最高峰はガルヘピゲン山(二四六九メートル)。大西洋側の西斜面は急でフィヨルド(峡湾)の多い海岸となり、ボスニア湾側の東斜面はゆるやかで湖沼が多い。北半部はチョーレン山脈と呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカンジナビア山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカンジナビア山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation