@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スカンダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スカンダ
Skanda
ヒンドゥー教の神の名。最高神シバと女神パールバティーとの子とされ,別名クマーラ Kumāraともカールッティケーヤ Kārttikeyaともいわれる。古くはベーダ文献にその名がみられるが,叙事詩時代に入ると重要視されるようになり,スカンダについて述べられた『スカンダ・プラーナ』という名の聖典もつくられた。その姿は1,6頭,2,12臂などいろいろな形をとり,いずれも武器を手にし,くじゃくを連れた軍神とされている。南インドではスブラフマニヤと呼ばれている。仏教神話にも採用され,四天王の南方増長天に属する八将の一人で守護神。私建陀天のほかに韋駄天などとも音写され,中国,日本では後者の名によって親しまれる。名の原義は「跳ぶ者」ので,すみやかに奔駆して魔を退治するため,韋駄天走りなどの表現が日本では行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スカンダ【Skanda】
ヒンドゥー教の軍神,神々の将軍。カールッティケーヤ,クマーラなどとも呼ばれ,韋駄天,私建陀などと訳される。六面を持ち孔雀乗物とする。一般にシバ神とその妃パールバティーの息子とされるが,《マハーバーラタ》においては,直接にはアグニ(火天)とスワーハーSvāhā(薩婆訶(そわか))の息子とされ,病魔を生み出す疫病神である。元来は非アーリヤ的な土俗神であったと推測される。古いタミル地方の主神ムルガンMuruganと関連づける説も有力である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スカンダ
すかんだ
Skanda
ヒンドゥー教の軍神。マハーセーナ(大軍を率いる者)、サナトクマーラ(常若(とこわか))、カールティケーヤ(六すばる星の育てた男子)、スブラフマニヤ(とくに南インドでよばれる)など多数の異名をもつ。スカンダの語義は流出、滴下を意味する。シバが女性を介さずに生んだ息子とされ、また火神アグニの子、ガンジス川の子ともいわれる。アスラ(阿修羅)、ターラカを破って神々に勝利をもたらした。また、スカンダは幼児の病気を惹起(じゃっき)するともいわれ、盗賊の守護神ともなる。仏教に入っては、仏法守護の神、韋駄天(いだてん)となったといわれている。[原 實]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカンダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカンダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation