@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スキピオ

デジタル大辞泉

スキピオ(Publius Cornelius Scipio)
(~ Africanus)[前236~前184]古代ローマの軍人・政治家。前202年、ザマの戦いでハンニバルを破って第二ポエニ戦争を終結させ、「アフリカヌス」の名を得た。老スキピオ大スキピオ。大アフリカヌス。
(~ Aemilianus Africanus Numantinus)[前185~前129]古代ローマの軍人・政治家。の長男の養子。前146年、カルタゴを滅ぼして第三ポエニ戦争を終結させ、イベリア半島の支配権を確立。小スキピオ。小アフリカヌス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スキピオ
[一] (Publius Cornelius Scipio Africanus Major プブリウス=コルネリウス━アフリカヌス=マイヨール) 古代ローマの将軍、政治家。名門コルネリウス氏の出。前二〇二年ハンニバルを破って第二ポエニ戦争を終結させた。大スキピオ。(前二三五頃‐前一八三
[二] (Publius Cornelius Scipio Aemilianus Africanus Numantinus Minor プブリウス=コルネリウス━アミリアヌス=アフリカヌス=ヌマンティヌス=ミノール) 古代ローマの将軍、政治家。大スキピオの長子の養子。前一四六年カルタゴを破壊して第三ポエニ戦争を終結させ、前一三三年にイベリア半島の支配を確立した。スキピオ‐サークルを形成、ギリシア文化のローマへの移入に尽力した。小スキピオ。(前一八五頃‐前一二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スキピオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スキピオの関連情報

関連キーワード

ゾウロバアンテルスファビアヌス宮城県の要覧ヨージルベンゼンスキピオ[大]アリー・ブン・アルアッバースロバ(驢馬)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation