@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スクラッバー

世界大百科事典 第2版

スクラッバー【scrubber】
気体中に浮遊する固体または液体微粒子や気体中に含有されている気体状の不要成分または有害成分を液中に捕捉(ほそく)する装置。通常,洗浄液には水が用いられるが,水以外の液体または水に界面活性剤などを添加した液も用いられる。固体または液体の微粒子を洗浄捉する場合,装置は一種の集塵装置で,洗浄集塵装置とよばれる。微粒子は液滴または液膜により捕捉される。高圧水を噴射するジェット・スクラッバー,サイクロン内部に多数の噴霧ノズルを設けたサイクロン・スクラッバー,棚段塔形式のピーボディ・スクラッバー,回転羽根の中心に含塵気体と液体とを導くタイゼンワッシャー,サイクロン内部にベンチュリ管を組み込んだサイクロン・スクラッバーなど各種の型式のものがあり,ほかに,噴霧塔(スプレー塔),充てん塔も使われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

スクラッバー
スクラッバー
scrubber

洗浄集じん,すなわち,気体中に浮遊する固体粉じん,あるいは液体の微粒子を液滴または液膜により洗浄・除去するのに用いられる装置をいう.液体としては水を使用することが多い.この装置内では,液滴と粒子の衝突,粒子の拡散,増湿による粒子の静電力の変化,粒子が核となって生じる凝縮,粒子のぬれなどの機構が複雑に組み合わさって起こっている.1~5 μm 程度までの粒子を捕集できるが,工業的には,ほかのダストあるいはミスト捕集装置と組み合わせて用いられることも多い.スクラッバーの代表的な形式としては,噴霧室中に含じんガスを通す噴霧塔,水をノズルより高圧噴射し,それにより含じんガスを吸い込むジェットスクラッバー,ベンチュリ管を用いるベンチュリスクラッバー,サイクロン内に噴霧ノズルを並べたサイクロンスクラッバーなどがあるが,どれもみな液体を用いているため,粉じんは湿った状態で捕集される.また,混合ガス中の不用ガス成分を液体で洗浄除去する吸収装置もスクラッバーという.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スクラッバー
すくらっばー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラッバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクラッバーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation