@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スクラム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スクラム
Skram, Amalie
[生]1846.8.22. ベルゲン
[没]1905.3.15. コペンハーゲン
ノルウェーの女流作家。旧姓 Alver。最初の結婚に失敗,デンマークの小説家エリク・スクラムと再婚,作家として立つ。処女作『コンスタンス・リング』 Constance Ring (1885) は男女関係の赤裸々な描写が不道徳として非難されたが,急進的な人々からは歓迎されて作家としての地位を確立した。その自然主義的筆致とペシミスティックな人生観が,彼女の作を重苦しいものにしてはいるが,女性や子供の問題に対する真剣な探究には注目すべきものがある。代表作は大作『ヘレミュールの人々』 Hellemyrsfolket (4巻,87~98) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スクラム(scrum)
ラグビーで、軽い反則などの後にプレーが再開されるとき、双方の3人以上のプレーヤーが相対して、ボールがその中間に投げ入れられるような体勢で組み合うこと。スクラメージ。
デモなどで、大ぜいが腕を組み合わせて横に列を組むこと。
(比喩的に)全員が一丸となること。一致団結すること。「異業種の企業がスクラムを組んで技術を開発する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラム(scram)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すくらむ【スクラム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スクラム【scram】
原子力発電所で原子炉の異常や地震が発生したときに、制御棒を急速に挿入し、核分裂の連鎖反応を停止させること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラム【scrum】
ラグビーで、両軍の選手が肩を組んで押し合い、足もとに投げ入れられたボールを奪い合うこと。ラック・モールが膠着した場合や、軽い反則後のプレー再開のときに行われる。
大勢の人々が肩や腕を組み合って、がっちりと固まること。 デモ隊が-を組む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

スクラム
ラグビーにおけるセットプレーの一つで、両チームの8人ずつが組み合ってボールを争うこと。ボールを自分よりも前に落としてしまうノックオン、前に投げてしまうスローフォワードなどの反則のあとや、複数の選手がからみ合うモールやラックが膠着してボールが出てこないときに審判がプレーを止め、スクラムを組ませて再開させる。チーム内の誰がスクラムを組むかはルール上定められていないが、通常はフォワードであるプロップフッカー、ロック、フランカー、ナンバー8が組む。基本形としては、まず最前線の両端でプロップがスクラムの柱の役割を担う。フッカーは先頭の真ん中に立ってを取る。ロックはプロップの臀部を押して後方から支える。フランカーはタックルで積極的に相手に攻め込んだり、味方がタックルされたときに助けに行ったりする。ナンバー8は最後尾に位置をとり、ボールを持って前に出てチームを牽引する要の役割を担う。

(2019-10-3)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スクラム
〘名〙 (scrum)
① ラグビーで、地上にあるボールを得るために両チームのプレーヤーが密集した体制で組み合うこと。試合中レフェリーによって命ぜられたタイト‐スクラム(セットスクラム)と、随所でおきる自由なルース‐スクラムの二種類がある。
※モダン語漫画辞典(1931)〈中山由五郎〉尖端人心得帳「試合は常にスピーディーに展開し、タックル、スクラムには片唾を口にためて」
② デモ行進などの際に、数人、またはそれ以上で、互いに肩、または腕を組み合わせて並ぶこと。
※歌謡曲・東京祭(1933)〈門田ゆたか〉「君とひとときスクラム組んで 行けばネオンの花ざかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクラムの関連情報

関連キーワード

仁孝天皇ショパンヘンリークルーゼンシュテルンチェルマンデニソンデニングハイゼハリスピニャテル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation