@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スクリューボール・コメディ【すくりゅーぼーるこめでぃ】

世界大百科事典 第2版

すくりゅーぼーるこめでぃ【スクリューボール・コメディ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スクリューボール・コメディ
すくりゅーぼーるこめでぃ
screwball comedy
コメディ・ジャンルの一つ。1930年代なかばから1940年代前半にかけてハリウッドで盛んにつくられた。「スクリューボール」とは「変わり者」の意。スクリューボールな男女の破天荒な行動が大騒ぎを巻き起こすもので、基本は男女が最後に結ばれるロマンティック・コメディ。作品によって社会風刺的性格が強いものもあれば、アナーキーでナンセンスな笑いが主眼になっているものもある。1934年につくられた『或(あ)る夜の出来事』『特急二十世紀』『影なき男』の3本がジャンルの発生を促したといわれている。代表的作品は『オペラ・ハット』(1936)、『襤褸(つづれ)と宝石』(1936)、『新婚道中記』(1937)、『神聖なるものなし』(1937)、『赤ちゃん教育』(1938)、『レディ・イヴ』(1941)など。監督ではフランク・キャプラ、ハワード・ホークス、プレストン・スタージェスらがこのジャンルを得意とした。[宮本高晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクリューボール・コメディ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクリューボール・コメディの関連情報

他サービスで検索

「スクリューボール・コメディ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation