@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スクロース【すくろーす】

世界大百科事典 第2版

すくろーす【スクロース】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スクロース【sucrose】
二糖類の一。サトウキビやテンサイから抽出して精製した甘味の強い無色の結晶。ブドウ糖と果糖とが脱水縮合したもの。化学式 C12H22O11 食用とするほか、カラメルや糖炭(吸着剤)の原料などに用いる。砂糖。蔗糖(ショ糖)。サッカロース。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

スクロース
スクロース
sucrose

β-D-fructofuranosyl α-D-glucopyranoside.C12H22O11(342.30).ショ糖,サッカロースともいう.砂糖として,食用そのほかに多量に用いられている非還元性二糖.植物の液汁,種子,葉,茎,果実,花などに広く存在する.なかでもサトウキビSaccharum officinarum L.(イネ科),サトウダイコンBeta vulgaris L.(アカザ科)の汁液には10~20% 含まれている.これらの汁液を石灰乳でpH 7.0~7.5として加熱後,濾過してタンパク質を除き,濾液を濃縮して過飽和にすると粗糖の結晶が析出する.濃縮,結晶を繰り返した残りのシロップを糖みつという.粗糖は活性炭,けいそう土などを用いて脱色し,さらに二酸化炭素を通して不純物を除去して濾液を濃縮し,精製糖を得る.白色,甘味をもつ融点170~186 ℃(再結晶溶媒による)の結晶.+66.5°(水).1.587.約200 ℃ で褐色のカラメルになる.水100 g に対する溶解度は198.6 g(12.5 ℃),245 g(45 ℃).メタノールに可溶.酵母により発酵する.希薄な酸や酵素インベルターゼにより加水分解してグルコースとフルクトースの混合物になるが,その際に旋光度が右旋性から左旋性に転じるので,この反応を転化,生成した混合糖を転化糖という.植物中ではUDPグルコースとフルクトースから合成されるとみられるが,グルコース1-リン酸とフルクトースから合成するショ糖ホスホリラーゼも知られている.もっとも重要な甘味剤で,栄養料,調味料,嗜好品,保存料などとして用いられる.みつはアルコール,そのほかの発酵原料に利用される.各種の生化学実験,内服薬用の味つけ,糖衣,賦形,および希釈剤,注射用,分析用試薬などとしても用いる.LD50 29700 mg/kg(ラット,経口).[CAS 57-50-1]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スクロース(sucrose)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スクロース
 →ショ糖

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スクロース
すくろーす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクロース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクロースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation