@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スグリ

栄養・生化学辞典

スグリ
 [Ribes grossularioides],[R. uva-crispa].バラ目スグリ科スグリ属の落葉低木の総称果実食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スグリ【Ribes】
スグリ属Ribesはユキノシタ科の小低木で,果実が食用とされる種を多く含む。和名のスグリは本州中部に分布するR. sinanense F.Maek.をさすが,スグリ属の総称名としても,あるいは果樹として利用されるスグリ類の一般名としても用いられている。北半球の温帯域を中心に150種ほどを有するスグリ属の果実は球状の多汁な液果になるものが多く,ヨーロッパや北アメリカでいくつかの種が小果樹として栽培化された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スグリ
すぐり / 須具利
[学] Ribes

ユキノシタ科(APG分類:スグリ科)スグリ属の総称。落葉低木で、スグリ区とフサスグリ区の2区に分けられる。

(1)スグリ区 グーズベリーgooseberryと総称され、数種がある。花は単生するか、葉腋(ようえき)に束状につき、多くは枝に刺(とげ)がある。長野、山梨、群馬の3県にまれにみられる野生種R. sinanense F.Maek.(R. formosanum Hayata var. sinanense Kitam.)は高さ2メートル、無毛の枝が多数あり、葉腋に3裂した刺がある。花は白ないし淡赤色で、5月ころ葉腋に1個ずつつける。果実は球形ないし楕円(だえん)形で、直径約1センチメートル、熟果は赤く、食べられる。セイヨウスグリ(ヨーロッパスグリ、イングリッシュグーズベリーともいう)R. uva-crispa L.(R. grossularia L.)はヨーロッパ原産。果実は球形ないし楕円形で、直径1~1.5センチメートル、高さ1~2センチメートル、熟果は赤、黄、緑白色などである。枝は短くて太く、鋭い刺がある。この系統のドイツ大玉は重さ約8グラムで、緑白色に熟し、よく生食用とされる。また赤実大玉は熟すと暗赤色となる。アメリカスグリR. hirtellum Michx.はアメリカ原産。果実は多くは球形で、小さい。ヨーロッパ系のスグリと本種との雑種のなかから、よい栽培品種ができている。ホートンHoughtonはそのなかの一つで、うどんこ病に対して抵抗性があり、豊産で、果実は3グラムにもなる。7~8月、暗赤色に熟す。

(2)フサスグリ区 カランツcurrantsと総称される。4~5月に房状に花をつけ、7~8月に熟す。成熟果が赤色の品種群をレッド・カランツ(アカスグリ)red currants/R. sativum Symeといい栽培種の基本種で、ヨーロッパ北西部原産。白色果と桃色果の系統はこの変種である。黒色果の品種群をブラック・カランツ(クロスグリ、カシス、クロミノフサスグリ)black currants/R. nigrum L.とよび、ヨーロッパと中央アジア原産。日本への渡来は明治初期で、北海道、東北地方など夏期に冷涼な地域での栽培に適する。暖地では半日陰地で栽培する。繁殖は挿木、取木などによる。生食のほか、ジュース、ジャム、ゼリーなどに用いる。

[飯塚宗夫 2020年5月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スグリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スグリの関連情報

関連キーワード

カランツクロスグリフサスグリヤシャビシャクスグリ(酸塊)花須具利蝦夷須具利駒ヶ岳須具利駒ヶ岳酸塊

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation