@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

スケート

デジタル大辞泉

スケート(skate)
氷上を滑走するための用具。靴の底に金属製のブレード(板)を取り付けたもので、スピードスケート用・フィギュアスケート用・アイスホッケー用の3種がある。アイススケート
氷上で1を用いて行うスポーツ。 冬》
ローラースケート」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スケート【ice skating】
靴の底に金具を取りつけたスケートskateと呼ぶ滑走具をはいて氷上を滑走するスポーツ。靴底の金具はブレードblade(滑身)といい,縦に細長く,これが滑走の土台となっている。スケートをする場所はリンクrinkと呼ぶ。スケート競技としては,スピードスケート,フィギュアスケート,アイスホッケーの3種類がある。アイスホッケーについては当該項目参照されたい。
[歴史]
 スキーが積雪地方の踏雪具として発達したのと同様に,スケートも湖やの多い氷の国の踏氷具を起源としている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スケート【skate】
氷上を滑るための用具。底に金属製のブレード(板)をとりつけた靴。スピードスケート用・フィギュアスケート用・アイスホッケー用がある。アイススケート。
を用いてするスポーツ。 [季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スケート
すけーと
ice skating
編上げの靴の底に、ブレード(エッジ)とよぶ長い金具を取り付けた滑走用具(スケート)をはいて、氷上を滑走するスポーツ。アイススケートともいう。スケート競技にはスピードspeed(スピードスケート)、フィギュアfigure(フィギュアスケート)、ショートトラックshort track、アイスホッケーice hockeyの4種類がある。同じスケート滑走でも、スピード、ショートトラックおよびフィギュアはおもに個人競技、アイスホッケーは団体競技である。1965年(昭和40)ころまでは、山間の湖沼で自然氷を利用して滑っていたが、現在では人工氷が発達したので、一般スケートも競技会も人工氷を使用することが多くなっている。[両角政人]

起源と歴史

スケートの歴史はスキー同様に古く、石器時代にまでさかのぼるといわれている。ヒツジ、ウマ、トナカイなど動物の骨でつくった滑走用具が、北ヨーロッパで穴居生活の跡から発見されている。これらはスケート用のものではなく、湖沼に張り詰めた氷上の運搬用具と思われる。骨にはところどころに穴があいていて、いろいろの器具に結び付け、滑り用具にしたと考えられる。これらの滑走用具はまず骨製から木製のものにかわり、さらに鉄製のスケートへと移り変わったが、スポーツに用いられるようになったのは近代になってからである。最初はフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの北欧人の間に始まり、ついでオランダ、イギリスに渡り、製鉄技術の進歩とともに各地へ急速に広まった。スケートが中世以降、レジャーからスポーツへと発展した最初の拠点はオランダである。オランダは雪が少なく、網の目のように発達したクリークは、冬季はことごとく結氷して絶好のスケート場となった。
 スケートが競技として発達したのは18世紀後半からで、まずオランダで運河利用の女子スピード競技が行われ、前後して北ヨーロッパでも始まった。19世紀になってからは、フィギュアスケートが中央ヨーロッパ、ロシア、さらにアメリカで盛んになった。1892年には国際スケート連盟(ISU)が組織され、その翌年にはスピードスケートの男子世界選手権が始まり、フィギュアスケートの世界選手権大会も1896年から始まった。スケート競技は冬季スポーツの花となった。そして、第1回のオリンピック冬季大会が1924年1月25日から2月4日までフランスのシャモニーで開かれ、世界選手権大会とともに現在に至っている。
 日本では、1877年(明治10)札幌農学校(北海道大学の前身)のアメリカ人教師ブルックスWilliam Penn Brooks(1851―1938)がスケート用具を持ってきたのが日本渡来の最初とされ、ついで1891年3月新渡戸稲造(にとべいなぞう)がアメリカから母校の札幌農学校へ3足のスケートを持ち帰って学生に滑らせている。札幌は日本におけるスケートの発祥の地となり、しだいに全国に広がった。1905年(明治38)長野県諏訪(すわ)湖地方に鉄道の中央線が開通してから、諏訪湖は日本におけるスケートの中心地となり、全国からスケートの愛好家が集まった。日本のスケートは学生を中心として発達し、1924年(大正13)早稲田大学、慶応義塾大学、東京大学、明治大学、日本歯科医学専門学校(現日本歯科大学)、旧制第二高等学校、旧制松本高等学校により全国学生氷上競技連盟(現在の日本学生氷上競技連盟の前身)が結成されて、翌年長野県松本の六助池で第1回学生スケート選手権大会が開かれた。これら学生のOBを中心に、1929年(昭和4)大日本スケート競技連盟(現在の日本スケート連盟、JSF)が組織され、翌年からスピード、フィギュア、アイスホッケー3種目の全日本選手権競技大会が八戸(はちのへ)、日光で始まった。
 日本がオリンピック冬季大会に出場したのは1932年アメリカ、レーク・プラシッドの第3回大会からで、その後は第二次世界大戦終了直後のサン・モリッツの第5回大会を除いて毎回出場している。戦後は国際交流が盛んになり、オリンピック、世界選手権、各種の国際競技会に出場、1954年(昭和29)と1963年には札幌と軽井沢でスピードスケートの世界選手権大会が開かれ、さらに1972年には待望の冬季オリンピック大会が札幌で開かれた。この年アイスホッケー種目が日本スケート連盟から独立して日本アイスホッケー連盟をつくり、1975年(札幌)、1977年(東京)、1983年(東京)の3回にわたりアイスホッケーBグループ世界選手権を開いた。日本スケート連盟も1977年フィギュアスケート世界選手権大会を東京で開いて、国際交流は内外ともに盛んになった。1998年(平成10)には冬季オリンピックとしては日本で二度目となる長野大会が開催された。[両角政人]

スケート用具

スピード、フィギュア、ショートトラック、アイスホッケー、それぞれ特色がある。スピード用はもっともスピードが出るようにブレード(滑身)の長さが靴より前後に長く、氷に接する面が直線的である。オリンピック・長野大会から多数の選手に使われるようになったスラップスケートslap skateは、つま先を支点としてかかと部分がブレードから離れる仕組みになっており、すこしでも長く氷面に接して押す力がかかるようになっている。また、ショートトラック用はスピードスケート用よりもブレードからの靴の位置が高く、カーブの滑走が容易にできるようになっている。フィギュア、アイスホッケーはブレードの長さが靴底いっぱいの長さで、容易に回転ができるようにスケートの前後が反っていてやや丸みがある。[両角政人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スケート
〘名〙 (skate)
① 氷上を滑走したり舞踊したりするための用具。ふつう底に金属製のブレード(板)を縦にとりつけた靴で、種類はスピードを主とするスピードスケート用、氷面上に描かれた図形の正確さや姿勢や動作の優美さを競うフィギュアスケート用、アイスホッケー競技に使用されるアイスホッケー用の三種に分けられる。スケート靴。
※風俗画報‐二八一号(1904)人事門「其他児童の遊戯に『スケート』と称し、歯の無き足駄に幅三分長さ一尺位の金属を打付け」
② ①をつけてする運動競技および演技。《季・冬》 〔新しき用語の泉(1921)〕
※往来(1946)〈永井龍男〉「此処の池でもスケートは盛んだが」
③ 「ローラースケート」の略。
※機械のなかの青春(1955)〈佐多稲子〉一〇「機械に取り組んで働く彼女たちの足に、スケートをはかせる案さえ飛び出したことがあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スケート

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スケートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation